My Photo

« 沖縄「県支援コールセンター 正規雇用は2割弱」に思う | Main | 本日、青年キャラバン 高知入り »

明後日むいてる 県の教育改革

 県の教育振興計画・・・その中に、教師の多忙化を解消するための具体的目標はない。過労死ラインの残業をなくす。「こどもと向き合う時間」「授業の準備、教化学習の時間」をどれだけ増やすかの目標は一切ない。
 「結果」だけは、いいながら、もっとも肝心な教員が力量を高め、のびひのびと力を発揮できる環境については何もない。期限を切った「学力調査」の平均点を全国並みにするとか、OBが学校に来て「支援」するとか、新たな負担を押しつけるだけのもの。全く本質にせまってない。

 沖縄タイムスの特集の1つの結論は、教師の専門性を高めること。以下、発言を拾ってみた。
 ある校長は「教師を信頼し、権限と責任を持たせて自由に力を発揮させている。それがフィンランドの教育が成功した大きな要因だ」
 国家教育委員会の参事官は「教育内容は教師自身が子どもと向き合ってつくるもの。具体的な教育方法について国が介入することはない。私たちは教員養成の水準に自信を持っており、現場を信頼している」
 フィンランド人と結婚した日本女性「勤勉で質の高い教師が責任を持って教育に携わっている。教育省の予算削減にもかかわらず、現場の努力が好結果を生んでいる」

 こういう方向をとっても、「学力調査」ではかる「学力」の結果はすぐにはでないかもしれない。詰め込みを強化すれば、一定上がるかも・・・それは世間に言い訳がたつ。そのレベルとしか思えない。
「明後日むいてる」方針だ。
  今日の憲法のもとをつくった植木枝盛、近代の夜明けに貢献した坂本龍馬、植物学の父・牧野富太郎氏・・・時代を切り開く自由な発想が、全国学力テスト対策でうまれるのかどうか。
 中山間地の所得補償、森林環境税、1.5車線、協働の森事業・・この間も、発信をし続けてきた。
 小手先でない、根本的な(ラディカル)な問いが必要だと思う。その文化のある高知で、その豊かさを学ぶことが必要だと思う。(だから自由民権記念館の運営を民間委託するというのは、愚の骨頂)
  教育振興計画というなら、。「こどもと向き合う時間」「授業の準備、教化学習の時間」を明確に位置づけるべきだ。
 

« 沖縄「県支援コールセンター 正規雇用は2割弱」に思う | Main | 本日、青年キャラバン 高知入り »

高知県政」カテゴリの記事

教育・子育て」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 明後日むいてる 県の教育改革:

« 沖縄「県支援コールセンター 正規雇用は2割弱」に思う | Main | 本日、青年キャラバン 高知入り »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ