My Photo

« 的外れな地方自治体の「財政再建」論  | Main | 違法認定 同和の随意契約 »

 救急搬送の危機  ベッド満床で 総務省調査

 10日に開催された厚労省の「救急医療の今後のあり方に関する検討会」(第5回)に、総務省消防庁の「救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査」が資料として示された。
その理由は、
「処置困難」「ベッド満床」「手術中・患者対応中」が、いずれも20%以上。
第三次救急医療機関に限定した調査では「ベッド満床」は37.8%

その理由として、「急性期を過ぎて、後方病院になかなか転院できない」「大学病院には救急医療以外の高度専門医療を担う役割があり、それに大きな負担をかけて院内転床をすすめているが、限界がある」などの理由があげられている。
(厚生政策情報センターより)
  療養病床の廃止が、この状況をさらに悪化させ、救急医療を崩壊に導く事となる。
制度設計にかかわった財務省官僚が「反省文」を中央公論に書いたように、医療給付、介護給付をどうやって削減するか、ということだけですすんだ療養病床削減計画は、撤回以外にない。
また、厚生労働省のサンプル調査では、「常時救急用のベッドに空きがない」は13%。「空きベッドはあるが、人手や医療器材が不十分」が51%となっている。と報じられている。
 医療費抑制政策、社会保障抑制政策の転換が必要だ。

« 的外れな地方自治体の「財政再建」論  | Main | 違法認定 同和の随意契約 »

社会保障」カテゴリの記事

医療・介護」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference  救急搬送の危機  ベッド満床で 総務省調査:

« 的外れな地方自治体の「財政再建」論  | Main | 違法認定 同和の随意契約 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ