My Photo

« 穀物、石油メジャーは空前の利益 | Main | 生活保護通院費削減 「事実上の撤回」は「羊頭狗肉」 »

原油高騰で休漁

小型イカ釣り漁船が今月18、19日と一斉休業する。遠洋マグロ漁の業界団体なども休漁する方針という。漁船の燃料となるA重油がこの5年間で2.4倍となり、操業しても赤字になるからだ。高知でも、漁師が、「漁にでるより安い」と、スーパーで魚を買っているという話しがある。


 ところが、19年度水産白書は、「輸入ばかりにたよっていられない」と警告を発している
国連食糧農業機関(FAO)の、世界的な水産物の需要増加により供給量が急激に拡大する一方、「今後大幅な生産増加は見込めないため、需給ギャップが拡大する」との報告をひいて、「国際価格が上昇した結果、国際市場において、我が国の輸入業者が望む価格で購入できない事態(いわゆる「買い負け」)も起きています。もはや輸入に頼ってばかりはいられない情勢となっています。」と記述している。

 農業でも、昨年、コメ一俵の平均価格は14826円。生産費は16824円となり、つくれば赤字の状況が生まれている。燃料だけでなく、肥料やハウスの資材などが高騰し、生産放棄が加速度的にひろがるのではないか・・・・。養鶏、酪農の廃業も急増している。タイでは、水牛耕が復活している(農業情報研究所より)。
  
 現在の食料生産は、石油によって支えられていることをあらためて痛感する。
 食料が「カネさえ出せば買える」時代が終焉する中、きちんとした価格保障などの対策とともに、キューバの有機農業の成功例が注目されるなど、現在の生産方法自体が問い直される状況となっている。
  

« 穀物、石油メジャーは空前の利益 | Main | 生活保護通院費削減 「事実上の撤回」は「羊頭狗肉」 »

環境・農林漁業」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 原油高騰で休漁:

« 穀物、石油メジャーは空前の利益 | Main | 生活保護通院費削減 「事実上の撤回」は「羊頭狗肉」 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ