My Photo

« 県の高知市外し 独自施策を敵視 | Main | 食料増産 破綻済みの「規模拡大」に固執 »

給食調理の民間委託① 「常識」を疑え

 昨日、高知市の行革委で「学校給食調理の民間委託」の議論がされた。詳しくは後日に譲るか、こういう指摘があるのをご存じでしょうか。松下幸之助の経営哲学の実践的な研究をしている、まあ財界より「PHP研究所」が、以前から民間に委託すれば安くなる「常識」に疑問を呈しているのだ。
 同研究所の「研究員コラム」は「必ずしも民間委託にしなくともコスト削減は可能であり、契約業務や指導監督業務を考えると、むしろ直営の方がより確実に、低コストで執行できるケースが多いと見込まれる。また、全面的に民間委託を行うと、当初は安くとも、時間が経つにしたがって、受託業者が独占状態になったり、カルテルを結んだりして、受託金額をつり上げるケースもあると聞く。公共サービスを『民間委託にすれば安くなる』という『常識』はコスト分析を厳密に行うと、再考を要する課題であることが明らかになってきている。」


 昨日の行革委では「質」の問題をつめてきた結果、高知には対応できる企業はない・・と当局。つまり税金が県外の企業の利益にながれ、そのしたで非常勤で働くワーキングプアをつくることになるだけだ。
 しかも、現場では「偽装請負」にならないため、栄養士は調理師と一体となっての作業はできない。その点を、PT役員に説明した5月21日の資料では「労働局の見解」として、発注書と違えば栄養士が指摘できるようなことが書いてあったが、31日、はた議員とともに労働局で確認にいったら、首をかしげていた。それが、昨日の委員会には、「労働局に確認」として「現場責任者」に指摘ができると文章が、変わっていた。これも問題があるが、委員会で詰めると30日に労働局に確認したという。
 つまり、21日には、保護者に、ウソをついて、かってな説明をしていたわけだ。それだけでも処分ものだと思うが・・・ 
 

« 県の高知市外し 独自施策を敵視 | Main | 食料増産 破綻済みの「規模拡大」に固執 »

高知市政」カテゴリの記事

公務の民営化」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 給食調理の民間委託① 「常識」を疑え:

« 県の高知市外し 独自施策を敵視 | Main | 食料増産 破綻済みの「規模拡大」に固執 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ