My Photo

« 中心市街地活性化計画 運営主体は? | Main | 生活保護・移送費 日弁連の要望書、議会の意見書案   »

地方財政「危機」と国の体質

地方財政の危機をめぐり、この間の報道から、国、中央官僚の責任をますます痛感する。
①大阪府の借金の元凶は国主導の大型事業 ②国基準を拒否した高知の1.5車線の努力(本日、朝日新聞報道) ③タクシー接待と財務省の体質 について考えてみた。

◆大阪府の騒動。だいたい「財政危機」をつくったのは政府と財界だ。
関空二期工事やベイエリア開発、テクノポート大阪計画など、政府、財界が主導した巨大プロジェクトで、90年代、年平均2兆6,000億円の公共事業を行い、借金を3倍に増やした。この大阪を中心にしたベイエリア開発計画は総額40兆円と言われる巨大開発だ。こうしたことが次々と破綻し、5兆円もの借金となった。また、乱脈な同和行政もその原意だ。
90年以降、府知事は、自治省出身の岸昌、厚生省出身の中川和雄、財界いいなりだったタレントの横山ノック、通産省の太田房江と続いた顔ぶれからみても、国、財界の責任は明白だ。
毎日新聞が「都道府県の歳出を02年度と06年度の決算で比べると、大阪が1.03倍と歳出を伸ばした一方、高知の22%を筆頭に25道県が1割以上の歳出削減を進めている。」と指摘している。つまり、国と財界の失敗のつけを口実に、「パフォーマンス」を利用し、暮らし、福祉、労働条件というナショナルミニマムやルールを破壊するためのチャンスとしているというのが本質だろう。

◆地方の努力 高知の1.5車線
本日の朝日新聞に「1.5車線道 25道府県が整備 工費1~3割」との記事が出ている。
1.5車線とは、山間部など交通量の少ないところは1車線で整備し、ところどころにすれ違いのできる2車線部分をつくる工法で、高知県が97年度から県単事業として始めたもの。建設費8分の1、工期3分の1ですむ。2車線でやると工費が莫大になり、補助があっても45%は自治体の負担だ。それで単独でも1.5車線が効果的とはじめたもの。

 03年度からようやま国の交付金の対象となったが、国は、「原則2車線(幅員5.5メートル以上)」が、工事の55%を補助する「地方道路整備臨時交付金」の補助の基準としてきた。しかし、まだ25道府県にしかひろがってないらしい。 6兆円の道路特定財源の中に無駄があるというのは、ここからも明白だ。これも国が押し付けてきた無駄だ。 
 高知県は97年度から財政出動にブレーキをかけてきた。1.5車線や全国初の森林環境税もそのなか出てきたこと。その数年後の02年と比べでも現在も2割も歳出が減っているのだから、地方は限界まで努力しているのだ。

◆暮らし、地方切り捨てる財務官僚の特権的感覚
 地方財政、社会保障費などを甘えがある「自立自助」と言って査定、切り捨ての先頭に立っている財務省の官僚がタクシー接待を当然のように受けていた問題。税金を自分のものと勘違いしている特権的感覚を露呈した。
こうした財務省が出してくる「改革案」が、どれだけ、地方や暮らしの痛みを感じているのが、基本が問われる。
財務省出身の尾﨑高知県知事は、6日の記者会見で、タクシー接待を批判した。また分権改革について「霞ヶ関はどれだけ地方の事がわかっているのか」と批判している。また、「地域の声が中央に届いてない」と言っている自身についても、地域ごとの懇談会で「新しい発見の連続だ」と述べている。
 かつての同僚からも「地方がわかってない」と批判されるものが予算の査定をしている。ゾッとする話である

« 中心市街地活性化計画 運営主体は? | Main | 生活保護・移送費 日弁連の要望書、議会の意見書案   »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

地方自治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地方財政「危機」と国の体質:

« 中心市街地活性化計画 運営主体は? | Main | 生活保護・移送費 日弁連の要望書、議会の意見書案   »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ