My Photo

« 学校給食民間委託③ 遵法精神 | Main | 高知新聞も「蟹工船」を特集 »

規制緩和への政府高官の怒り

 「怒りに近いものを感じる。何でも、もうければいいというマネー経済、ウォールストリート資本主義の悪い面が出ている」。経済産業省の北畑隆生事務次官は9日の記者会見で、1バレル=140ドル目前に達して天井知らずの原油高騰に怒りを爆発させた。と「時事通信の報道」が目に付いた。
 この発言には、財界やその御用学者が流すキャンペーンに流されず、社会や経済の発展法則をきちんと考え、未来を見据えることの大切さを改めて感じた。

 「改革なくして成長なし」と規制緩和をすすめてきたのは誰か。また国際的投機マネーの規制に抵抗したのはどこか・・・ 昨年6月、日本政府は、ドイツ・ハイリゲンダムサミット(主要国首脳会議)で、ドイツの提起で投機規制が議題に上った。投機資金を運用するヘッジファンドの資産や取引履歴の開示強化などの直接的な規制を求めたが、日本がアメリカ、イギリスとともに反対し、実現しなかった。
 市場にまかせれば上手くいくどころか、人類の生存、とくに最貧国の人々が犠牲になっている・・・ ミネルバのフクロウはたそがれとともに飛び立つ」という。ドイツの哲人ヘーゲルがいった有名な言葉だ。社会法則を見てない評論家には、「知恵はいつも現実に遅れてやってくる」という指摘があてはまるのだろうう。ヘーゲルも政治論では時の専制的な国家を擁護した。
 マルクスが、百数十年前に、資本主義の本質を見抜き、「社会的な規制が必要」なのだ、と指摘した。いまも新鮮である。

« 学校給食民間委託③ 遵法精神 | Main | 高知新聞も「蟹工船」を特集 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 規制緩和への政府高官の怒り:

» 原油高騰(投資筋) [論正の界グロブ]
需給のバランスでは説明のつかない原油高騰が続いている。経産省の事務次官(NO2)は「儲ければいいというマネー経済、資本主義の悪い面が出ている」と投資筋に対して怒りを表明した。実生活に影響を受けている庶民的感覚からすると「スッとした」という声があるいっぽうで、...... [Read More]

« 学校給食民間委託③ 遵法精神 | Main | 高知新聞も「蟹工船」を特集 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ