My Photo

« 高知市 国保繰入は中核市最低 | Main | グッドウィルが廃業へ 問題は間接雇用構造 »

米軍再編反対の声を 那覇市長選 一騎打ちへ 

 沖縄の県都・那覇市長選(11月)で、社民党、共産党、民主党、社大党が平良長政県議を統一候補することを発表した。さきの県議選に続き、県都決戦で勝利すれば、2010年には知事選にはずみがつく。普天間基地の移転のためには湾の埋め立てなくてはならない。その許可権限は知事にある。環境アセスメントをめぐり作業は遅れに遅れており、知事選は、基地増強そのものが問われることとなる。米軍再編・増強に大きな打撃を与えられる重要なたたかいだ。市長選で、注目されるのは政策。

沖縄タイムスによると「基本政策は、憲法九条を守る市民本位の市政や医療、福祉、教育の充実、公共事業の地元優先など五項目で合意。同政策の前提となる政治姿勢では(1)四党共闘の堅持(2)沖縄に過重な負担を強いる日米安保体制を改める(3)那覇市へのカジノ導入反対(4)個別具体的政策についても四党と候補者で協議して策定する―ことなど」
 2の「過重な負担を強いる日米安保体制を改める」・・・ これに民主党県連が賛成したことだ。中央の方針とは違うが、沖縄の事実がそうさせたのだろう。
 県議選の那覇市区は、野党が56%、与党44%である。県議選をめぐって、後期高齢者医療制度などの怒りがとりあげられるが、基地問題も大きなポイントだった。告示直前の世論調査では
 政府案8.7% 知事らの沖へ50~90㍍移動する案13.7% 国外・県外への撤去59.3%。
 琉球新法は、米軍基地の過度の負担、高齢者への負担にノーを突きつけたのが、県議選の結果と社説に書いた。
 これは岩国市でもそう。空母艦載機の移転について、市長選でも山口2区補選の出口調査でも「移転反対」は6割になっている。残念ながら市長は変わったが「国の方針に協力する」ことを訴え当選したにもかかわらず「移転容認ではない」と言わざるをえない。在日米軍再編は、思惑どおりにすすんでいない。
 イラク戦争が示した「国際貢献」の実態、アメリカの力の政策の失敗、在日米軍兵の犯罪の多発、思いやり予算のデタラメさ・・・ そうした大きな情勢の変化もあるだろう。
 
宿毛湾へのイージス艦の連続寄港、NLP誘致の動き、香南市の普通化連隊の配備・・ いずれも米軍再編にかかかわる日米合意にもとづく動きだ。それについてはまた書きたい。

« 高知市 国保繰入は中核市最低 | Main | グッドウィルが廃業へ 問題は間接雇用構造 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

選挙・政党」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 米軍再編反対の声を 那覇市長選 一騎打ちへ :

« 高知市 国保繰入は中核市最低 | Main | グッドウィルが廃業へ 問題は間接雇用構造 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ