My Photo

« 文科省の「流用」発言の罠  | Main | 全国紙次々と「蟹工船」を特集 »

世帯分離

 介護保険も高齢者医療制度も、保険料負担は個人だが、減免制度は世帯の所得となっている。たとえば一定の所得のある農家、自営業者の場合、祖父母が後期高齢者医療制度に移行した。保険料は、所得がないと高知では均等の48000円だが、減免制度は収入なので、減免がきかず保険料が大きく増える事例がある。いまは、減免になっている被扶養者も、保険料がゼロから均等割りの満額の48000円になる可能性がつよい。ただし、住民票の操作で世帯を分けると、減免制度が適用となる場合が多々ある。
 

これは後期高齢者医療制度だけでなく、介護保険料にも影響する。これは障害者自立支援法の時にも問題になった。この時に、高知の市町村では、「分離すればやすくなる」と説明したが、今回はそれがない。
 個人を対象にした保険というなら、減免も個人の所得でやるべきで、世帯というくくりではすべきでない。それにしても整合性のない施策となっている。
 

« 文科省の「流用」発言の罠  | Main | 全国紙次々と「蟹工船」を特集 »

社会保障」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 世帯分離:

« 文科省の「流用」発言の罠  | Main | 全国紙次々と「蟹工船」を特集 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ