My Photo

« 高知の若者雇用対策 | Main | 保育ママの「公的責任」は? »

さらに広がる「蟹工船」ブーム

Bks0805140802000n1
 全国紙に次ぎつぎ紹介された蟹工船。ついにテレビに登場 「mezamashi080527.wmv」

しました(映像データは「worldpressでBLOG生活」さんより)。貧困のひろがりの表れです。
新刊新潮5月29日付けは「蟹工船と小林多喜二」をとりあげ、最後に「いちど忘れられながら、再び力を吹き返すのは、ホンモノだけである」と締めくくっている。

 その中で、蟹工船のエッセーコンテストを共催した白樺文学館の元館長さんが(自ら経営者で富豪。引退後に多喜二にのめりこんだ。)高校の先輩の多喜二について「私は、経営者として効率化やITに取り組んできたが、それを極めると本当にそれでいいの化と言う気になる」「大先輩の多喜二はエリートの道を捨てて人のためになろうとした。いち早く資本主義の矛盾に気付き実践した」「今の日本はすざましい搾取の世界で、多喜二のような弱者に対する眼差しはありません」と述べ、ぜひ「蟹工船」を読んでほしいと語っている。
 本日の朝日新聞の「論壇時評」・・・「子どもの貧困  親の格差 策講じず連鎖」の中で「私費負担が大きく、親の所得格差が教育に反映される仕組みでになっている。しかも子どものいる貧困世帯への所得移転の効果がほぼ皆無ど、これは世界に類をみない現象だ」と書かれている。反貧困のとりくみへ、大きく政治の舵を切る時に来ている。

« 高知の若者雇用対策 | Main | 保育ママの「公的責任」は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference さらに広がる「蟹工船」ブーム:

» 蟹工船 [じゅりの出来事]
さらに広がる「蟹工船」ブーム 全国紙に次ぎつぎ紹介された蟹工船。ついにテレビに... [Read More]

« 高知の若者雇用対策 | Main | 保育ママの「公的責任」は? »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ