My Photo

« 「格差と多喜二」 | Main | 「次世代育成支援・基本的考え」を読む »

道路と学校耐震化 予算比較

 道路財源の一般財源化に知事を先頭に「道路だけに」と運動していた。
 ところで、四川大地震の関係で、学校や病院の耐震化の遅れがクローズアップされている。
病院については、05年の厚労省の調査で、震度5強程度を対応する新耐震基準に基づいて建設された病院は36.4%であること、また学校についても文科省の調査でも公立小中学校の耐震化率は65.2%(昨年4月時点)であることが報道された。地震の死者の9割以上は、建物倒壊によるもので、まさに耐震化の推進は命に関わる問題だが、高知県でもなかなか進まない。そこで道路と耐震化の税金の使われ方はどうなっているか。その差にあらためて驚く。

◆県の08年度予算
・道路課橋梁費 08年度 285億425万円 
これには国直轄負担金が入っているが、国直轄で06年度は、344億円が来ている。
つまり600億円という事業規模だ。
・南海地震対策は、30億3500万円     
 うち 住宅、建物の耐震化予算は、2億数千万円。
 住宅耐震改修補助   6940万円(2762万円)
    私学耐震化    5284万円(4756万円) 
    公立学校   1億1741万円(1億1741万円)
    保育・幼稚園    913万円(801万円)
  ()は一般財源、つまり県独自の努力が大きい。
 
 30億円のうち額が大きいのは 
    漁村の避難道整備  4億1300万円
    急傾斜地対策     2億7625万円
    橋梁対策        4億5000万円
    須崎港防波堤     5億6250万円など
      国の補助などが大きい事業が占める・

◆高知市の予算はどうか。
・発展を支える総合交通体系の整備 31億6908万円
 街路整備に8億1,500万円、道路新設改良に5億640万円など   

・学校などの耐震化予算は
 小学校3校の耐震診断・設計  998万円
 中学校2校の耐震診断      774万円
 小学校建替え         3億円
木造住宅耐震化推進事業  1億  71万円
☆07度3月補正予算(前倒しで実施分)  
小学校3校で耐震補強    5億3000万円

 圧倒的に道路関係に使われ、公的施設、民間住宅の耐震化費用が如何に少ないかがわかる。
「とにかく道路へ」という県や自民党、公明党の言葉は、四川大震災の状況をみるにつけ、「命は後回しで」と言っているのように聞こえるが、どうだろうか。

 【公共的施設の耐震化率】
市町村庁舎       25%
消防本部・署所     45%
学校(私学)       59
学校(公立)       43
避難所(学校以外)  49
社会福祉施設(市町村)58
  〃   (民 間) 80
医療機関(市町村)   69
  〃 (民 間)   67
「南海地震に備える基本的な方向と当面の取り組み(平成19年2月改定)より」

« 「格差と多喜二」 | Main | 「次世代育成支援・基本的考え」を読む »

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 道路と学校耐震化 予算比較:

« 「格差と多喜二」 | Main | 「次世代育成支援・基本的考え」を読む »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ