My Photo

« 障害者病棟と療養病床削減 | Main | 療養病床は高知の文化 医療シンポ »

怒る高齢者

後期高齢者医療へ高齢者の怒りが爆発している。「入山料ありの姥捨て山」「長寿いじめ制度」・・・様々な呼び名がとびかっている。小泉フィーバーのころは、偽りの大キャンペーンの中、高齢者が「私たちが負担掛けて・・・」と消費税増税反対署名にもちゅうちょする姿が見られたが・・ 貧困拡大、地球温暖化、資源・食料の高騰、イラク戦争の泥沼化・・新自由主義の破綻で潮目が変わった。
ところで、高齢者いじめの政治の反映か、高齢者の怒りの表現としての犯罪が増えている。

 この10年で65歳以上の高齢者人口は1.3倍と増えたが、件数は3.5倍。特に、暴行17倍、傷害4倍となっている。19年度の「犯罪白書」の中にも「一般刑法犯検挙人員の年齢層別構成比の推移を見ると,60歳以上の者の比率は,昭和52年には2.9%であったが,平成18年には17.5%に上昇した。また,同年は,65歳以上の者が12.1%を占めている。」と書いてある。
「暴走老人!」という本や各種の調査でもコミュニティの崩壊、情報化社会による「孤独」がキーワードとなっている。孤独はまた、貧困と隣りあわせだ。生きづらい世の中になった証拠だ。政治の変革が必要だ。
 そこで気になるのがもう一つの数字・・・
07年、殺人事件(認知件数)が戦後最低となった。最悪は、1954年の3081件の約3分の1。
「キレやすい」という少年の犯罪はどうか。
少年刑法犯の検挙人数(13歳以下で刑法では裁かれない触法少年の数を含む)は
 1997年から2006年の10年間で、178950人から、131604人と減少。殺人75→73、強盗1701→912、暴行2303→1887、傷害9627→6683、強姦409→113. と若者の凶悪犯罪は減っている。一方、詐欺576→1224 、横領32869→33687など経済的犯罪が伸びている。
 小泉劇場のもと高齢者を押し込めたマスコミ報道もそうだったが、こうした統計を見ていると、マスコミがセンセーショナルに流す様子と違った姿が出で来る。1つの異常な事例が繰り返し、詳細に報道されるため治安悪化と受け取る傾向がある、と指摘する専門家もいる。だから、マスコミなども犯罪が増えたと言わず「体感治安が悪化」と情緒的表現している。監視社会の口実にされてはたまらない。
 マスコミも所詮、大企業・・・支配層とつながっている。事実をとらえ、正当に怒ろう! 怒りは新の問題の根元・・・異常な大企業中心主義、アメリカいいなりの国の政治にぶつけてこそだ!

« 障害者病棟と療養病床削減 | Main | 療養病床は高知の文化 医療シンポ »

社会保障」カテゴリの記事

マスコミ論」カテゴリの記事

治安強化・監視社会」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 怒る高齢者:

« 障害者病棟と療養病床削減 | Main | 療養病床は高知の文化 医療シンポ »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ