My Photo

« 同和偏重 説明できず | Main | 電話交換、パスポート申請 偽装請負か? »

嫌がらせだろ! 児童扶養手当の届け 

 自民・公明政府が実施しようとしていた児童扶養手当の5年間受給後に最大半額に減額する政策が、低下する母子家庭の所得状況や反対運動を反映し、事実上「凍結」になったのですが、この間、5年経過した人に「重大なお知らせ」というドキッとするような書類が届いている。高知市では受給者が4000人のうち2000人が5年を経過しているとのことで、問い合わせが殺到し、市役所は、その対応にかなり手をとられている。

 「事実上の凍結」とは、就労証明や診断書などの書類を出せば、削減されないというもの。それは、毎年8月に「現況届」として実施されているもので、「なぜ、また手続きしないといけないのか」との声が出ているのは当然だ。証明をし、手続きをするなら仕事をやすまないといけない、ダブルワーク、トリプルワークしている人も少なくない。診断書にはお金がいる・・・「嫌がらせ」以外のなにものでもない。今後も5年経過の最初の時には、8月の現況届と別に手続きが必要らしい。市役所も政府の押しつける「人員削減」が進行しているなか、大変な負担だ。こんな嫌がらせ、無駄に作業はやめるべきた。
 医療・福祉部門では、後期高齢者医療制度の問い合わせもかなりきているとのこと。自民、公明政権の悪政で、直接市民から怒られるのは自治体の職員だ。
 こうした自治体からの通知には、「○年○月の国会で、下記の政党の賛成で成立した法です」と入れるのは情報公開、説明責任の流れから言って、「あり」と思うのだが・・・。 

« 同和偏重 説明できず | Main | 電話交換、パスポート申請 偽装請負か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/40611643

Listed below are links to weblogs that reference 嫌がらせだろ! 児童扶養手当の届け :

« 同和偏重 説明できず | Main | 電話交換、パスポート申請 偽装請負か? »

May 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ