My Photo

« 道路教 | Main | まちづくり 地方分権のもとでの条例 »

答弁不能 道路特定財源問題

 本日、県議会で、友人の中根県議が質問にたった。道路特定財源問題の追及で、知事とか、もっと雄弁に語るかと思いきや、肩すかしであった。印象に残ったことを書くと・・・
・暫定税率廃止で、県民負担減が140億円になるみとをみとめた。4人家族で年7万円だ。
・算定税率廃止による県の事業費負担減について土木部長は「事業減はうけいれられない」と数字を明らかにできなかった。(数十億が道路だけでなく、一般財源として生まれるのだが、答弁できなかった。)

・59兆円の「総額方式」に知事は、具体的な計画にもとづき、積算された数字という、まるでずれた発言をした。(無駄遣いなど見聞する話は怒りを感じる。困っている地方にきちんとまわしてほしい、ぐらいは政治家として言うべきだろう。)
・暫定税率廃止問題で、県のかかわる広告物で、「1リットル25円減と県全体で年間311億円の減」は、レベルの違う数字。「311億円減るが、同時に県民負担は140億円減り、数十億の一般財源ができる」というのが公正な資料提供ではないか、と言ったが知事は「わかりやすいと好評」「反省すべきはない」と強弁した。これはファシズムの手法だ。しかし、第二問で詰めたら「わかりやすさだけなく、ていねいな情報提供が必要」と述べた。
・「土佐はちきん連合」は、会員数六名で昨年八月につくられ、事務所は県道路課にあることを認めた。
 そのほかも、「国は地方重視に舵をきっている」といろいろ説明したが、地方交付税は実質削られているとの指摘は反論せず、黙認した・・・ 
 総じて、都合の悪いことは論戦をさけた。それは前知事とは、まったく違う。さまざまな方面に配慮して、答弁しようとする努力はみられるが、この論戦をどう受け止めたか・・・ もう少し、評価を固定するのはみまもろう。
 
 

« 道路教 | Main | まちづくり 地方分権のもとでの条例 »

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/40359284

Listed below are links to weblogs that reference 答弁不能 道路特定財源問題:

« 道路教 | Main | まちづくり 地方分権のもとでの条例 »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ