My Photo

« 「公契約条例必要」と市当局 | Main | 学力テスト 「行政調査」との説明責任を »

地域発展と道路、介護、農業

 どう税金が使えれば、若者の雇用の場を確保し、地域を守り、地方を持続的に発展させるか、道路だけに税金を使うシステムがいいのか。例えば、介護福祉の人材確保、農業の担い手づくり・・・

 高齢者・障害者など介護・福祉職場の人材不足が大きな問題となっているが、人材確保のため、3万円の賃金引き上げを実施しても予算は3600億円(職員数は常勤換算で102万人。高齢者の介護職員74万人、障害者分野の福祉職員28万人。厚生労働省「介護・福祉サービス事業者の現状」より)。
たとえば、農業では、コメ1俵1万7千円を保障する「不足払い」制度をつくり、平地にも直接支払いを拡大し、当面10アールあたり1万円程度の所得補償を実施すれば、1俵1万8千円が確保できる。そのために新たに必要予算はわずか4000億円です。
この2つで7600億円。道路には5.6兆円。
農業県であり、高齢化社会を支える介護福祉の人材確保が求められる高知。若者の雇用の場もできる・・・。さらに30人学級の実現は7800億円で可能です。
本当に高知のためにはどう税金を使ったらよいか、考える時に来ている。

« 「公契約条例必要」と市当局 | Main | 学力テスト 「行政調査」との説明責任を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 地域発展と道路、介護、農業:

« 「公契約条例必要」と市当局 | Main | 学力テスト 「行政調査」との説明責任を »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ