My Photo

« このブログは「有害情報」 | Main | 大義を失う道路特定財源での「擬装」 »

高知医療センター 材料比率は本当はもっと高い

高知医療センターの材料費を医療収益の23.4%以内に抑えて30年間で300億円経費削減の効果を生み出す。オリックスグループのこの提案が守られず、病院経営が厳しい状況となっていることは、以前にも伝えた。
 ところが、病院事業会計の予算、決算で出されている「材料費」の「対医療収益比」は、当初の提案内容から見れば、ごまかしがある。
 もともとは、入院と外来の医療収益に対する比率で、差額ベットなどの「その他医業収益」を含んでの数字ではない。

07年度決算見積もりでは、
医業収益        128億1511万円 ①
うち、入院・外来収益 122億5271万円 ②
   その他医業収益   5億6240万円
材料費          35億4095万円 ③
よって、
 ③÷①は、27.6%
 ③÷②  28.9%
  5.5% 6億7390万円が契約内容からオーバーしている。これは現在示されている数字よりも、率で1.2%、金額で1億3567万円多い。契約違反と言える実態はより深刻なのだ。
それにもかかわらず、医療センターは、PFI株式会社にはらっているマネジメント料、SPC職員給与相当分の計5億円を払うことになっている。PFI株式会社は、少なくとも、この5億円の受け取りは返上すべきである。

« このブログは「有害情報」 | Main | 大義を失う道路特定財源での「擬装」 »

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知医療センター 材料比率は本当はもっと高い:

« このブログは「有害情報」 | Main | 大義を失う道路特定財源での「擬装」 »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ