My Photo

«  江原氏「痛烈批判」? 虚偽の提案見抜けず  | Main | 20年前の計画  道路建設 »

国保料に続き住民税も年金天引きへ

  後期高齢者医療制度とあわせて、65歳以上の方の国保料がこの4月から、年金から天引きされることになる。国保は世帯で加入しますが、加入者全員が65-74歳の場合、天引きの対象となります。現在65歳以上の介護保険料は基本的に年金天引きとなっている。年金天引きされるのは、公的年金が年18万円以上ある人(後期高齢者の保険料も年金が18万円以上の人は天引き)。さらに住民税も・・・

 昨年12月に読売新聞がすっぱ抜いたのですが、住民税も来年10月から年金天引きとする方針を政府が決めた。まだ法にはなってないが、すでに、地方財政についての方針を示した総務省自治財政課長の「内かん」(1月22日発表)には、そのための電算システムへの今年度の財政手だてが示されている。法も決まってないのに、先行的に財政措置をするというのはいかがなものか、と思う。それ以上に、納税については、権力者の収奪に対する人民の抵抗が、近・現代国家を生み出し、民主主義をすすめてきたことを覚えば、納税者の権利を侵害する、極めて重大な行為だ。効率性だけて論じていいのか。
 12月高知市議会では、公共料金の滞納を暮らしの危機のシグナルととらえて、福祉分野での対応をすることは重要な行政の役割だと質問したが、その道をふさぐことでもある。
 

«  江原氏「痛烈批判」? 虚偽の提案見抜けず  | Main | 20年前の計画  道路建設 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

岡田さん、いつも健筆を揮っておられ、心強く、うれしいことです。
「土佐のまつりごと」は「お気に入り」に入れており、読ませていただいております。「読売が無視したフィンランド教育の神髄」、「ドル特権の終焉か 歴史の皮肉」など、いずれも鋭い視点で書かれており、共感します。
それに岩国もひどいことですね。こんなことがまかり通るなど、まるで子供だましでしょう。到底、大人の論理では考えられないことです。これが日本の「政治」の根底に強く流れているのでしょう。
これからも書かれるものを楽しみにしております。ささやかながら応援しています。      由良           

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国保料に続き住民税も年金天引きへ:

«  江原氏「痛烈批判」? 虚偽の提案見抜けず  | Main | 20年前の計画  道路建設 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ