My Photo

« マクドナルド 偽造「管理職」に断! | Main | 地域ケア構想 県の説明 »

橋下新知事の試金石 同和予算ゼロ公約

 大阪府知事に、タレント弁護士の橋徹弁護士が当選した。核武装や「買春ツアーーはODA」発言とか、いろいろあり、私の周りでは、「大阪は、ノックに懲りず、お笑いから抜けきれないのか」とか感想がこぼれているが、私はそれでもちょっと注目している部分がある。彼は写真週刊誌の中で「僕らの世代は同和対策をすることがかえって、差別を助長すると考えています。したがって、同和対策の予算は限りなくゼロにすべきです。」と語っていることだ。ぜひやってもらいたい。

 特定勢力に屈服した行政には、それを突破口に、地域ボスとか、特定議員とか、さまざまな勢力が、もぶれついてくる。馬鹿げた開発計画が進むのも、そうした構造が深く関与していると思う。ぜひ一掃してもらいたい。私の友人は各地が、その「同和行政」とたたかっている。そうした「文化」に染まりきった職場は、首長の指示が通らなかったり、改善のための話が、関係団体に、速攻で伝わっていたり・・・本当に根深い。
 地方、特に西日本では、民主党の実働部隊は「部落解放同盟」だが、その横暴を「反共だから利用価値がある」と容認してきたのは自民党だ。さて、橋下氏は、府債発行はみとめないとか、言いつつ中学校給食の実施や校庭の芝生化、歩道を煉瓦でつくるとか・・行政論的には、かなり乱暴な話もしているが、試金石は、「同和予算をゼロにする」の実行でしょう。どのくらいの覚悟と決意があるのか、これがメルクマールと思う。
そうはそうと、遠くない時期、高知市から同和問題で、全国意義ある見直しが、発信できそうだ。

« マクドナルド 偽造「管理職」に断! | Main | 地域ケア構想 県の説明 »

地方自治」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 橋下新知事の試金石 同和予算ゼロ公約:

« マクドナルド 偽造「管理職」に断! | Main | 地域ケア構想 県の説明 »

July 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ