My Photo

« 暫定税率維持は温暖化対策? | Main | 大歓迎! 細木数子降板 »

資本主義の試練、限界

 年明けから、資本主義というメカニズムが生産力を制御できてない、というマルクスの解明を何度となく思い出す。貧困、環境問題などマルクスの指摘は、今の社会を見通したかのような射程の長さを痛感している。
1つは貧困問題。技術が進歩しても、利潤第一であるかぎり、貧困が拡大している。日本をみても、過去10年間で企業所得は13.4兆円増だが、雇用者報酬はマイナス11.3兆円。ようするに好景気といわれるが、国民から企業に価値が移転しただけにすぎない。

医療、そして社会から排除される人が増加している。その反撃として、南米の左翼政権の誕生とかがある。日本でも、日雇い派遣の規制、反貧困のたたかいが広がってきている。厚生労働省の調査で、派遣会社のピンハネが38%に及んでいると、NHKが報道している。人が物扱いされる…そのメカニズムは「資本論」に詳しい。
2つめが、環境問題。イギリス、ドイツが京都議定書の目標を上回る削減をしているが、日米が数値目標を拒否し、企業に規制をかけず地球の破滅に無責任な姿勢を貫いている。福田首相が、「環境」を押し出したが、財界いいなりに、規制も国内排出権取引も、環境税導入に抵抗している。えらそうに政治に首をつっこむ財界の頭は、人類の未来よりも、目先の利益・・・程度もそのくらいのものだ。「規制緩和」の話は眉唾で聞いたほうがよい。3つめが投機マネー。なんら社会的価値を生まない株や証券の売り買いで、利益をあげることが主流になった経済。サブプライムローン問題が賑やかだが、住宅バブルの崩壊は何年も前に言われていたこと。それが制御できなかった。いまの局面は、住宅価格が低迷し、住宅を担保にしてローンを組むというシステムが機能しなくなった。これが世界経済に影響を与えているところが以前と違う。それは、リスクの高いローンを証券化して投資家に買わす、そして多くは、最終的には銀行傘下のPIVとかいう会社が引き受け、その証券を格付け会社が太鼓判を押し、低利の融資と、証券の高利回りの差で儲けるという錬金術をなしてきた。ところが機能しなくなった。そして住宅ローンのゆきづまりから、住宅を手放す→価格が低下→ これまで健全とみなされてた借り手も追い込まれるという負のスパイラルに陥る。また、サブプライムローンの影にかくれているが、企業買収で儲ける仕組みのうらに、合併後の企業収益を担保にして資金調達するLBOというシステムがあるが、それもこのリセッションでゆきづまり、さらに株価下落に連動するとの指摘されている。そアメリカ型錬金術がアブクだったことが事実でもって示されている。ヨーロッパでは投機マネーの規制がいわれているが、日米が反対している。そして、投資先をうしなった資金が原油とかバイオエネルギーとかにまわり、価格を押し上げ、世界経済を混乱させている。
 規制をしないかぎり、人権も地球そのものも守れなくなっている。ノーベル賞を受賞した経済学者・センが資本主義システムを「合理的な愚か者」と評したが、短期的利益を獲得する点で合理的だが、人類史的には愚か者だ指摘している。しかし、それは、それはマルクかやエンゲルスが資本主義を「生産のための生産」のシステムであり、「企業内の計画性と全体としての無政府性」と150年前に批判したことから本質は変わっていない。
 資本主義は、アダム・スミスの「神の手」発言を乗り越え、放置していたら人間も自然も破壊するとして、労働者のたたかいの中で、規制するルールを築いてきた。それを無くすることが「先進的」だというのは、あまりにも愚かしい。規制緩和で、人々のくらし、地球の環境がどうなったか…利潤第一でない社会の実現は、切実な課題となっていると思う。経済同友会終身顧問の品川氏がソ連型とは違う「新しい社会主義」を想起するというのは、理性的だと思う。
 ついでながら、明日の道路特定財源維持の「県民集会」・・・建設会社に誰が参加するかの名簿提出を強制しての動員がかかっている。話によると「作業着やスーツの参加はダメ」という指示があるとのこと。
 貧困、食料、環境・・・根本から考えないといけない時なのに……それでいいのかと思う。

« 暫定税率維持は温暖化対策? | Main | 大歓迎! 細木数子降板 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 資本主義の試練、限界:

« 暫定税率維持は温暖化対策? | Main | 大歓迎! 細木数子降板 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ