My Photo

« 高知市の行財政改革⑧ 同和、随意契約 | Main | 「蟹工船」と反貧困 »

療養病床削減 9%の県もある

 国が、療養病床の削減の計画を盛り込んだ「地域ケア体制整備構想」の策定を求めているが、共同通信の調査で、策定された都道府県では、全国平均34%で、国の「6割削減」の目標(38万床を15万床へ。ただ国は20万床に見直す方向)には届かない数字になっている。高知は57%だが、調べると9%も県がある。
 

 そもそも介護療養病床を廃止し、医療型も、医療の必要度が低い医療区分1を削減するというのが国の方針であった。大量の医療難民、介護難民を作り出すと、高知県でも大きな問題になっている。ところで、機械的に上記の条件で削減をすると、6割削減になるはずである。高知県ではほぼ国の方針通りの削減数である。どうなっているのか、と思い、高齢者人口あたりの療養病床が全国一少ない山形県を見てみた。三世代同居が多数の県である。2028床が1842床と削減率はわずか9%。 介護療養病床は、病床数の24.2%あるが、施設の意向調査などでも一般病床や医療型への転換が8割を占める。医療型も区分1が28.5%あるが、ほとんどが医療型での存続を目指している。廃止はなく、他も福祉施設への転換が少しある程度。
 三世代同居が多いとか、社会的な背景があって設置されてきたベット数である。もともと少なかったところは、様々な選択肢がとれるが、高知のように、1人暮らしの高齢者が多く、女性の就業率も高、高知市への一極集中(郡部から市への若い世代の転出)いという背景もあり、増えてきた病床を、多いからと実態を無視して、数字ありきで削減するのは無茶というものだ。
 また、高知は療養病床が多いことで、特擁老人ホームも設置も制限されてきた。療養病床だけでなく、すべての施設数の合計で考えないと、ベッド数だけでははかれまい。
 9%削減の県と57%削減の県があること・・・どうとらえるか、まだ、検討途中であるが、パブリックコメントの途上であり、2月県議会も近い。深めてみたい。

« 高知市の行財政改革⑧ 同和、随意契約 | Main | 「蟹工船」と反貧困 »

高知県政」カテゴリの記事

社会保障」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 療養病床削減 9%の県もある:

« 高知市の行財政改革⑧ 同和、随意契約 | Main | 「蟹工船」と反貧困 »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ