My Photo

« 国保料に続き住民税も年金天引きへ | Main | 空きベット情報提供の問題か? »

20年前の計画  道路建設

現在の「道路中期計画」は、20年前の1987年に決定された四全総に基づいている。冬柴国土交通大臣は記者会見で、現在の道路計画について、四全総の計画のうち「65%強しかできてない」「10年内になんとしてもやりたい」と語った。20年前!バブル期の計画。この時に、着手されたリゾート法による各地の観光開発、臨海副都心、大阪湾ベイエリア開発などが見るも無惨に破綻したことをみれば、道路計画だけ見直さないというのはどうか。そもそも四全総では、人口が右肩あがりを前提としている。
 

 2400年に至っても増加するという現実ばなれしたものとなっている。政府は、社会保障の分野では「急速な少子化」を国民負担増の「理由」に持ち出しながら、道路計画だけは見直さないというのは合理性がない。
 高速道路ではないが、高知市でも、新堀川を暗渠化し、4車線化する「はりまや一宮線」の建設が問題となっている。すでに現実は、計画による完成後の交通量を下回っている。徹底して見直すという事自体は否定されるべきではないだろう。道路特定財源の暫定税率延長が成立しないと、地方の20年度予算に穴があく・・・という問題とは別の次元の問題である。20年度予算の財源を確保するということと、道路中期計画を是とすることは一緒ではないはずである。
 ところで、政府は、道路計画推進の理由に「国際競争力」をあげるが、競争による「学校知」偏重の教育、先進国最低の教育費、ものづくりの技術を崩壊させる非正規雇用の拡大、成果主義賃金体系など、最も肝心な人を育てることを放置、劣化させておいて、道路だけバブル期の20年前の計画に固執・・・それはないたろう、と思う。

« 国保料に続き住民税も年金天引きへ | Main | 空きベット情報提供の問題か? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 20年前の計画  道路建設:

« 国保料に続き住民税も年金天引きへ | Main | 空きベット情報提供の問題か? »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ