My Photo

« 資本主義の試練、限界 | Main | 道路特定財源 県民大会に思う② »

大歓迎! 細木数子降板

 ネットニュースでいろいろ取り上げられているが、とにかく、前世とか、霊感だとか、馬鹿げたこと、いや犯罪的なことを公共の電波で流す機会が減ったことは、大歓迎である。
 以前には、こうしたことが、「霊感商法」など詐欺に利用されており、やめるべきと書いたが、それに加えて別の角度での感想をもっている。こうした「占い」がはやったのは、極度に「自己責任」が強調され、本来は、社会のあり方の問題であるものまでが、「自己責任」として強制されてきたことのあだ花だと感じている。

本当は、若者をモノのように扱う派遣労働、非正規雇用など財界の利潤第一主義とそれを是とする自民党、公明党、民主党などの政治の問題であるにもかかわらず、「個人の問題」に押し込めるイデオロギー攻撃のもとで、今の境遇をからの「救い」として、前世や霊感などがはやったのだろう。
 ところが、貧困が政治の問題であり、反貧困の運動が広がってきた。派遣労働者が組合をつくり、企業を追いつめてきだした。降板は、「運命なんかじゃない。力をあわせたたかえれば社会は変えられる」という雰囲気が広がってきたことが一つのあかしだと思う。また、霊感商法など非論理的なイデオロギーが消費者被害をつくりだしていることへの批判の声の高まりもあるのだろう。とにかく犯罪的な番組がなくなるのはいい。
 世界にはわからないことは多数ある。わからなければ調べたらよい。今の水準では、かわりきれないこともあるが、それは到達点であって、追求すればいいだけだ。こういう精神を権力者は嫌っていることを忘れてはならない。

« 資本主義の試練、限界 | Main | 道路特定財源 県民大会に思う② »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/17764966

Listed below are links to weblogs that reference 大歓迎! 細木数子降板:

» 細木数子 番組降板 [SUPER BLOG.JP]
何があったのか? 細木教導師「細木数子」(詐欺師でしょ?)が、テレビ番組から姿を... [Read More]

« 資本主義の試練、限界 | Main | 道路特定財源 県民大会に思う② »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ