My Photo

« 貧困、負のスパイラル 生活保護引き下げ | Main | 勤労感謝の日に、反貧困のたたかいを »

個人情報栄えて、人命滅ぶ・・?!高知市長

週刊新潮11月29日号に“「HCV患者の命」より個人情報を大事にした「高知市長」”という記事が出ている。すでに3年前に高知医大病院は、患者に対しフィブリノゲン使用の告知をし、検査をうけるよう文書を送付した。住所が変わった可能性があるため、県下31市町村に照会を要請したが、高知市のみ、個人情報保護を理由に「回答できない」との返事だったというもの。病院長は直談判もしたとのこと。 市長の弁明ものっていますが・・・ 同記事は「個人情報栄えて、人命滅ぶ」と締めくくっている。 政治家になりきれない、行政マンらしい(真摯の職員にはゴメン)対応だなという感じです。

再選されれば、真相はどうだったのかもふくめ、市長の基本姿勢が問われる問題として、議会で論議されることになるでしょう。
 薬害肝炎に関しては、私たちは、患者・弁護士グループの訴えを聞いて、昨年7月に県と高知市にそれぞれカルテ保存を申入れました。県は「裁判結果もあり保存の必要性は考えていた。ただ、量が膨大であり、弁護団と相談のうえ、産科関係のカルテ保存を考えたい」との前向き回答があり、市も県の対応をつたえたところ「県と検討して対応する」との返事でした。その一方で、こんなことがあったとは・・・

« 貧困、負のスパイラル 生活保護引き下げ | Main | 勤労感謝の日に、反貧困のたたかいを »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。

週間新潮を読みました。
この市長の判断には理解できません。
原則公開をもとにすれば、公開理由は十分だと思います。
市長の判断か、職員の判断か、はっきりしてもらいたいです。
元職員より。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 個人情報栄えて、人命滅ぶ・・?!高知市長:

« 貧困、負のスパイラル 生活保護引き下げ | Main | 勤労感謝の日に、反貧困のたたかいを »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ