My Photo

« 高知市行革委は御用機関か! | Main | 抵抗感あり! 「国と地方」という表現 »

心あれば出来ること 高知市

 財政危機だから何もできないか、と言えばそうではない。
 ハコ物建設や同和への固執など流れを変えなくてはならないが、心構えで大きな仕事が出来る、と思っている。
 サラ金業界の資料によれば多重債務者は200万人以上いるとのことだ。高知市にあてはめたら5~6千人いることになる。そのうち相談に来る人は2割ほどで、後は、グレーゾーン金利分(従来の法律では、本人の同意があれば認められるという高金利のゾーン)の払わなくてもいいものまで払っている人が多く、その多くが国保料や公営住宅費、保育料などの滞納をしている層とかさなっている。そこで行政の対応がとわれている。
 

 この間も、仲間の市議が、市営住宅の家賃の滞納で相談にのったら、案の定、サラ金。きちんと対応したら払いすぎの300万円が返ってきた。滞納というシグナルを捉えて、多重債務の解消という意識で、関係機関とも連携して対応すれば、数千人の人生を救えることができるかもしれない。これは、予算措置がなくてもできることだ。市のトップに心があればできることだ。私たちはそういう市民の心を心とする市政を目指したい。
  この間の反貧困のとりくみで、生活保護を憲法25条にふさわしいものにするたたかい、サラ金・多情債務解決のたたかい、青年の不安定雇用改善のたたかいがシンクロしてきている。生活実態がシンクロしているからだが・・・。その中で、特に画期的だったのが、アメリカの金融資本やサラ金業者(それに融資する銀行も含め)の圧力を跳ね返して、グレーゾーン金利の撤廃に規制を強化したことだ。たたかえば前進できる。そのことを声を大にして言いたい。

« 高知市行革委は御用機関か! | Main | 抵抗感あり! 「国と地方」という表現 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 心あれば出来ること 高知市:

« 高知市行革委は御用機関か! | Main | 抵抗感あり! 「国と地方」という表現 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ