My Photo

« 高知市政の選択 谷崎治之さんの訴え | Main | 後期高齢者医療 障害者に多大な負担増 »

県、市の選択 「同和」のゆがみを許すのか

 今、京都市の同和のゆがみの本をよんでいます。今まで一番リアル。同和枠採用の職員。その人事権は運動団体ににぎられ、半年とか出勤しなくても出世する。保育料や市営住宅の家賃の滞納。研修に名をかりた温泉旅行に年数千万。奨学金・・・無審査で返済免除。これから数十億の市民負担、市の施設でたてたものに、関係者が住居としてつかい家賃もはらってないなどなど、住民監査、住民訴訟でつぎづきとあきらかになっているが、ほとんどは返金はあっても、関係職員は軽い処分で紹介免職とはない。(その一部には、旧全解連もかかわっている。これは運動の弱点としてきちんと総括が必要だし、高知のたたかいでも生かさないといけないと思っている。)そういう自治体が日本にあるのである。それな状況を県政、高知市政でどうしていくのかが問われている。

 となりの徳島でも同和関係の会社に毎年3億円の補助金・・・ 高知県は03年をまたずに終了した。高知市は、たたかいのなかで京都市ほどのことはようしないが「特別対策」を継続している。不当要求をする勢力とはたたかわなくては、まっとうな行政はできない。それとなぜそんな理不尽なことが残るかとい言えば、支配勢力にとって「利益」があるからだろう。住民を「分断し統治する」材料だから。
 高知市でも毎年10億使っている。これが是正すれば、国保料も引き下げられるし、中学1年の30人学級も可能だ。別の使い方をすれば、道路など公共事業をすすめることもできる。こんなことをいつまで許すのか。県政では、部落解放同盟がO氏を推薦した。知事選も市長選も盛り上がらないというが、生活に直結する選択と思う。

« 高知市政の選択 谷崎治之さんの訴え | Main | 後期高齢者医療 障害者に多大な負担増 »

高知県政」カテゴリの記事

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 県、市の選択 「同和」のゆがみを許すのか:

« 高知市政の選択 谷崎治之さんの訴え | Main | 後期高齢者医療 障害者に多大な負担増 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ