My Photo

« 後期高齢者医療 議会論戦は1人だけ | Main | 総合あんしんセンターの見直しを »

後期高齢者医療 7年後は保険料4割アップ

  27日、高知市老人クラブ連合会が臨時理事会を開き、「高齢者は暮らしていけんなる」「高知から国を動かそう!」と後期高齢者医療制度の実施中止・撤回を国と県に求めることを決議した。総会では「遅すぎるのでは」との声がでたらしいが、声をあげることに遅すぎることはない。参院選をうけ政治は動いている。
 それにしても最近の医療、福祉分野の法改正はやたらスキームが複雑なうえ、法自体が粗雑で、肝腎なところが省令にまかされていて、なかなか直前まで全容がはっきりしない。高知県でも、制度の周知はいまから(保険料や葬祭費などのスキームがきまったので)で、各個人の保険料がはっきりするのは1月半ばあたりか・・・ それで4月実施である。
まかされる行政も大変だろうが、反対の声を抑えるために国民に「知らせない」ためにそうしているしか思えない。
 国保からの保険料が減る人もいるだろう。しかし、7年後には4割アップの仕掛けが入っている。

後期高齢者医療制度は、公費5割、世代間の支援4割、保険料1割というのが基本スタイルだ。しかし、少子高齢化で、現役世代の人口が減れば、現役世代の一人あたりの負担額が増えるので、それを調整するため、半分を後期高齢者の保険料の増額で補うスキームとなっている。 厚生労働省の試算では、2015年度には、保険料は10.8%となり、ひりとあたりの保険料は6.1万円(この試算自体くるって、全国平均で80600円)から8.5万円と約4割もあがる仕掛けとなっている。
 保険料のアップをやめたければ、医療給付をさげなさい・・・そこで包括医療や療養病床の廃止が出てくる。高知県で5000床の療養ベッド削減だ。すでに診療報酬が大きくさげられ経営も圧迫している。そんな中、受け入れ先のあるうちにと病院閉鎖を決断したところも出ている。
 新知事は、医療計画の見直しを公約している。その中味は、後期高齢者医療や療養病床削減の地域ケア整備計画のことだが、本当に中味を知っているのか疑問だが、ぜひ、国との「対話」を含め、県民の立場で見直しの先頭にたってもらいたい。

« 後期高齢者医療 議会論戦は1人だけ | Main | 総合あんしんセンターの見直しを »

高知県政」カテゴリの記事

社会保障」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 後期高齢者医療 7年後は保険料4割アップ:

« 後期高齢者医療 議会論戦は1人だけ | Main | 総合あんしんセンターの見直しを »

November 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ