My Photo

« どこまで本気?中心市街地活性化の話 | Main | 性奴隷問題 国際舞台で決着を »

思惑がはずれた? 中活法

  今日、市議会が開会。岡崎市長の提案説明は、最初から特認校での弁解に始まって、中心市街地の活性化で色々言ってましたが、何が言いたいのかよくわからないものでしたが、だんだん事態がのみこめてきました。
  それは、昨年9月に閣議決定された「中心市街の活性化を図るための基本的な方針」で「思惑がはずれた」状況になったことです。それ以前の中心市街地活性化法(中活法)は、たんなる構想でも補助がもらえましたが、改訂版は、事業主体も明確にし、確実に実行できるものにするという極めてハードルの高いものにかわったからです。

対策室を立ち上げたものの・・・ 先行的に「基本計画」をつくると補助金をもらったものの・・・・「思惑が違った」ということでしょうか。活性化や都市機能の拡散を防ぐことは大事なことですが、現状は確実なものは何1つなく、「民間や他の公的団体など・・・いろいろ計画していることがあったら情報を寄せてください。みんなで何ができるか検討しましょうね」というのが到達点。だから10年20年先をみこした取り組みの1つのツールとして可能性があるのがどうかも含めて、検討をするスタートを切ったばかりの話。それが、「計画がすでにあり、追手前小学校の統合ありき」のように報道され、市長が肯定するようなコメントを寄せたから混乱が起こっている。
 中活法に認定をうけるには、前回書いた総合的な計画とともに、周辺部の大規模な宅地造成(これは10月からの都市計画法の改定で禁止)はもちろん市街地調整区域を解除していくことも原則禁止となる。高知市のまちつぐり全体にかかわる内容になる。そういうように法が大きく変わったこと、その法の全体像も、課題も説明してないところに問題があると思う。「思惑がちがった」と正直にはなせば、ムダな混乱をしないですんだのに・・・ これも市長の器としての問題なのでしょうか。

« どこまで本気?中心市街地活性化の話 | Main | 性奴隷問題 国際舞台で決着を »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 思惑がはずれた? 中活法:

« どこまで本気?中心市街地活性化の話 | Main | 性奴隷問題 国際舞台で決着を »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ