My Photo

« 女性蔑視議員の「ざまあみろ」発言 | Main | 憲兵政治の復活か!自衛隊が国民監視    »

還元水大臣を何故かばうのか

なぜ、これほどかばうのか? 自民党内からも、衆院予算委員長が「安倍晋三首相は農相を擁護しているが、緑資源機構の調査が地元の熊本に及ぶという状況を受け、国会終了後、自ら辞任するという対応をとるべきだ」と語ったとほうじられているが、首相は、国民には規範意識をときながら、松岡大臣は一貫して擁護。
 一般マスコミでは、この謎がわからない。真相は、靖国派の結集・・・

 97年に出来た「日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会」の会長役をやっていたのは、現在の自民党政調会長の中川昭一氏、「事務局長」が安倍晋三首相、「副代表」の一人が、渦中の松岡利勝農水相。郵政造反議員の復党もそのラインで見るとよくわかる。
 安倍内閣の閣僚は、戦前の日本を「美しい国」として再建をめざす「日本会議」と関わりが深い。その設立大会では「行きすぎた権利偏重の教育、わが国の歴史をあしざまに断罪する自虐的な歴史教育、ジェンダーフリー教育の横行は、次代をになう子供達のみずみずしい感性をマヒさせ、国への誇りや責任感を奪っています」と述べている。この会議には民主党の議員も含まれている。彼らが中心となった「憲法大綱」は、天皇主権、戦争の美化と国防義務、基本的人権の規制、男女共同参画の敵視… アメリカいいなりに海外派兵する国、弱肉強食の経済で生まれる国民の怒り、矛盾を、情緒的な愛国心、「昔はよかった」の気分で統合しようというのが安倍政権。私は拒否したい。その道に未来はない。
 あす、青年会議所の政党討論会があるが、中央組織は侵略戦争美化のDVDをつくっている。経済的観点からしても、アジアから孤立してどうするのか、と言いたい。このDVDは「誇り」という題がついているが、「あやまちを直視して、未来に生かす」ことが本当の人としての「誇り」と思う。過去を偽った「誇り」など世界にも、未来には通じない。「いまや戦前」というのが私の認識。「いつのまにか抵抗できなくなった」という先人の悲劇はくりかえしたくない。

« 女性蔑視議員の「ざまあみろ」発言 | Main | 憲兵政治の復活か!自衛隊が国民監視    »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 還元水大臣を何故かばうのか:

» 談合企業が二子玉川東地区再開発工事 [東急建設東急不動産東急リバブル不買運動]
二子玉川東地区第1種市街地再開発事業に伴う土木工事(第1期)は談合に関与した東急建設と清水建設の共同企業体が行う。現場責任者は川口、二宮である。清水建設は世田谷区から指名停止、東急建設は福島談合と和歌山談合で全国的に指名停止を受けている。 談合に関与した... [Read More]

» 松岡農水相の自殺に思う [コミュニスタ紅星の幡多荘草紙]
 今さらここで言うまでもないが、『ナントカ還元水』発言に代表される議員会館事務所の水道光熱費や『緑資源機構』の官製談合事件などで疑惑が取り沙汰されていた松岡利勝農水相が28日自殺、国内外に波紋を広げている。  まず... [Read More]

« 女性蔑視議員の「ざまあみろ」発言 | Main | 憲兵政治の復活か!自衛隊が国民監視    »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ