My Photo

« 議会活動の評価 | Main | 還元水大臣を何故かばうのか »

女性蔑視議員の「ざまあみろ」発言

 市議会選挙がおわりました。ハコ物、同和行政、特定市民・・・市政のわがみをただす主張に共感がひろがり、過去最高の特徴となりました、さらに頑張ります。
 ところで、これまでの当選ラインでは到底、議席にとどかなかった自民党の島崎議員。再選にあたって、「いいたいことははわせいもらう」と啖呵を切り、自分を落とそうとした人に「ざまあみろと言いたい」とテレビのインタビューの中でかたった。「謝罪」は選挙目当てのパフォーマンスでしかなたった。絶対に許せない。
 

« 議会活動の評価 | Main | 還元水大臣を何故かばうのか »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

「土佐のまつりごと」を読ませていただいており
ます。いつもの鋭い批判に同感するところが多く
あります。
全国学力調査が43年ぶりに行われました。これ
は今後の教育への大きな布石の第一歩となるでし
ょう。この後、学校選択制が拡大され、学校間
の格差は広がって行くことは目に見えています。
そして勝ち組の学校には予算を多くする。私大で
同様で、定員割れの大学へは助成金を削除する。
これが今後の施策であり、政策の一環として進め
られるのです。
何かおかしい。むしろ逆でしょう。
成績の振るわない生徒を指導するには苦労が要り
ます。そんな学校にこそ優れた教師を送り、支援
する。これが公教育の基本です。
「勝ち組」「負け組」のことばも不快ですが、実
態は公然と格差を付け、それが益々拡大されて行
くのです。困ったことだと嘆くばかりです。

医療も同じ仕組みになっている。
看護体制だけで言えば、7対1(患者・看護師)になれば、両手にドシンとお金が。
なれないところは、昨年春の改定で夜勤看護加算がなくなったので百床あたり年間1800万円の減収です。
のせられた看護協会も甘かったね。

今日は(5月17日)韓国と北朝鮮が鉄道で結ばれた。世界的に喜びの日であるでしょう。
乾杯だ
アジアが平和に進んでいくことを願う。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 女性蔑視議員の「ざまあみろ」発言:

« 議会活動の評価 | Main | 還元水大臣を何故かばうのか »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ