My Photo

« ゆでガエル | Main | 国に対し、「住民が主人公」を貫く大変さ »

格差拡大の国の予算原案

自民党と公明党が来年度税制の与党大綱がまとまり、続いて財務省の来年度予算原案が出た。
 「格差社会」をつくる今の政治の象徴は、証券優遇税制の継続。恩恵をうけているのは7525人で、実に869億円の減税。生きることに「益」として負担をしいる障害者自立支援法の応益負担は700億円。これだけで今の政治の姿がよくわかるが、原案の中味は・・・
 まず、「税の集め方」の問題。大企業、高額所得者むけには、原価償却制度の拡充で4000億円減税、証券優遇税制の継続、法人税率の引き下げ検討。一方、国民には、定率減税の全廃で所得税、住民税が1兆7000億円の負担増。
 OECD(経済協力開発機構)が10月に公表した歳入統計を見ると、欧州大陸諸国の企業の法人税と社会保険料負担は日本の1.9倍のノルウェー、1.7倍のフランス・スウェーデン、1.4倍のスペイン・イタリア。財務省が政府税調に提出した法人税の資料から、“日本の法人実効税率より6%も高い米・ニューヨーク市”“法人税と社会保険料を合わせた企業負担が日本の1.5倍のイタリア”“企業の民間医療保険の負担を含めれば保険料負担が日本企業の1.4倍になるアメリカ”のデータとグラフがカットされているとのこと。まつに「やらせ」、都合よく世論捜査する代物。財界は、そのうえ、残業代ゼロの新たな労働法制の改悪を求めている。「現実にあわせる」という理屈は、9条改悪と同じ。
「使い方」はどうか。生活保護費420億円減、失業対策費は2123億円と半減、私学助成46億円減、義務教育費国庫負担金は104億円減、国立大学運営費交付金は171億円減。一方で、防衛省に格上げになった軍事関連。4兆7983億円、軍事費情報収集衛星費603億円とあわせ4兆8586億円。米軍再編経費314億円、効果もさだかでないミサイル防衛予算1826億円、負担義務のない「思いやり予算」2173億円。公共事業費は6兆9473億円。スーパー中枢港湾整備、大都市圏環状道路整備費などが大幅増の一方で、生活関連は、住宅対策4、5%減、公共下水道14、5%減などカットなどなど・・・ 財界の要求のオンパレード、その財界の意に添う点では、民主党もかわらない。防衛省への格上げ、外資系企業からの献金解禁などなど、格差社会をつくってきた労働法制改悪への賛成・・二大政党制の害悪が生み出した予算原案と言える。実行されれば、地方はいっそうきびしくなることはまちがいない。

« ゆでガエル | Main | 国に対し、「住民が主人公」を貫く大変さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 格差拡大の国の予算原案:

« ゆでガエル | Main | 国に対し、「住民が主人公」を貫く大変さ »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ