My Photo

« 県民フォーラム・これからどうなる郵便局 | Main | 再生会議の愚かないじめ提言 »

郵政民営化と「公約」

 26日、集配局再編から郵政民営化を考えるフォーラムがありました。郵政公社の常務理事をされていた稲村氏の話は、ほとんど違和感なくきけました。奄美大島で生まれたという氏は、「儲かるようにするのは簡単。非効率なところを切り捨てればよい。しかし、それではユニバーサルサービスを守れない。それで努力してきた」と。民営化の目的は、郵貯などの資金を「リスクの高いところに投資するため」と竹中氏の著書をもとに紹介。今、教育基本法でタウンミーティングのやらせ質問が問題になっているが、郵政民営化ではもっとおおかがりに行われた。「税金が投入されている」というウソ。「バランスシートが赤字だ」という議論(公社化するにあたり、民間と同じように退職金の引当金積んだ。他の省庁は毎年の予算で対応するので、引当金はない。一時、バランスシートが赤字になるのは当然。損益は黒字。だから税金は投入されてない、と再度強調)。ニュージーランドの民営化がうまくいってるようなウソの報道(失敗して、とっくにやめている。あらゆるものを民営化したため、ほとんどが外資の支配下におさまった)。そして刺客選挙。いま、「復党問題が騒がれているが、民営化とはなんだったのか、本質論がない」と批判。そして、民営化というが、privatizationとは、私有化のこと。国民の財産を誰かが自分のものにすること、と喝破。 興味深かったのはアメリカとの距離感。ブッシュは死に体、新自由主義の旗手・フリードマン氏の死・・・「もう新自由主義はおわった。ブッシュのやり方に追随していは駄目だ。そして、外資が支配する社会に危惧をとなえ、そうなればナショナリズムに火かつきかねない。一旦、火がつけば恐ろしい。特に、日本は・・・。そのためにも、アメリカとの距離感が必要だ、と指摘したのは、なかなかおもしろかった。
 県内の首長訪問でも「サービスは低下させない、という公約を破った」との批判が続出している。復党劇も含め、「公約」をこれほど軽んじることが許されるのか。規範意識の低下していると教育基本法改悪をごり押しする前に、自ら正すべき問題が多すぎる。

« 県民フォーラム・これからどうなる郵便局 | Main | 再生会議の愚かないじめ提言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 郵政民営化と「公約」:

» 那覇の司法TM、一人67000円!! [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 速報ですが、沖縄タイムスのこの記事にはただただ唖然。「政府が那覇市で二○○五年十月に主催し、二百四十二人が参加した司法制度改革タウンミーティング(TM)の開催費用は計千六百十一万円で、参加者一人当...... [Read More]

« 県民フォーラム・これからどうなる郵便局 | Main | 再生会議の愚かないじめ提言 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ