My Photo

« 長寿庵 | Main | 新堀川の4車線化 「検討」と知事 »

報道されなかった教基法守れの声

今日から国会。教育基本法改悪を最優先の課題とする安倍内閣。教育基本法守れの運動も各地で広がっている。24日、教育基本法改悪反対の集会が、RKCホールで開催され、570人が参加した。その数日前には、県下の退職校長168人が改悪反対のアピールを出した。ところが地元紙が集会は一切無視、アピールもごく小さな扱い。6月議会での知事、教育長の“変える必要はない、理念の実現に努力したい”との発言も報じてない。政府側の話は垂れ流されるが、こうした運動の多くは黙殺される、そういうマスコミの現状がある。
 教育の問題では、基本法改悪より、30人学級の実現がなにより求められる。土佐の教育改革10年の調査でも、また、文科省の出している「生徒指導上の諸問題」でも、学力低下、校内暴力行為など中学の30人学級が急がれる。9月市議会でも、高知市の教育長は、モデル校として実施している学校での大きな変化、効果を示し、その実施を強く県に要望していると答弁している。ところが国は、その責任を一切放棄。自治体まかせにしている。さらに子どもの減少を上回る教職員の削減を「地方行革」として押しつけている。こんな政府に「改定」を言う資格はない。忙しいとは「心が亡ぶ」と書くが、次々と求められる報告書づくりなどゆとりのない教師は、子どもとじっくり向き合う時間、心のゆとりを奪われている。子どもは物ではない。一人ひとりが多様な個性と発達段階を持ち、内部にある成長しようとする力に寄り添うことがもとめられる。なんとしても中学の30人学級を実現したいと思う。

 

« 長寿庵 | Main | 新堀川の4車線化 「検討」と知事 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 報道されなかった教基法守れの声:

» 新内閣 [内申書制度の廃止を求めます]
私は政治家のことを知らないので、新内閣の閣僚については、詳しい方々が解説してくださるのを待とうと思っていますが、とりあえず、今までにわかった範囲のことをお知らせします。 官房副長官の下村博文氏 この方は、先日の産経新聞の記事に出てきた、とても怖い方です。この方のお話の部分を転載します。「ダメな教師はやめさせる」という部分ですが、本当に酷い先生に苦しめられていて、こんな先生にはやめてほしいと思っている方、たくさんいらっしゃるんじゃないかと思います。私もそういう思いを何度もしてきました。でも、この方... [Read More]

« 長寿庵 | Main | 新堀川の4車線化 「検討」と知事 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ