My Photo

« コンブライアンス、リスク管理の危うさ | Main | 帯屋街商店街に複合施設?  »

権力者のよく似た言葉

 「イラクを解放する」「自国の死活的利益に関わる」「世界をより安全にする」・・・イラク戦争(戦争でもなく、圧倒的な軍事力を背景にした、一方できな虐殺と、私は思っている)でブッシュが言ったこと。その「戦争」の口実となった大量破壊兵器の存在も、アルカイダとのつながりも、米国自身の調査で否定された。それなにの、いまだに「あのときの判断は合理的だった」と、次期首長が当確な安部氏が言っている。ある意味、論理は一貫している。「アジア解放」「自存自衛」「東洋平和」というスローガンは、あまりにも似ている。「その時の判断は合理的だった」というのも、そのまま通用する。イラク「戦争」を反省したら、その論理はそのまま、先の侵略戦争に向く。過去を直視できないから、現在にも目をつむる。まことに一貫していると思う。
 レジスタンスの詩人、ルイ・アラゴンは「戦争は平和を唱えてやってくる」と批判した。評論家の加藤周一氏は、「かつて自衛のためでない軍隊は存在しなかった」と述べている(細部は、記憶で書いているので、不正確かも?)、竹下元首相は、さきの戦争を侵略戦争と認めない思考回路からも、ヒトラーの起こした戦争も、侵略戦争かどうかわからない、という態度をとった。実に一貫している。「過去に目をつぶる者は未来にも盲目になる」とは、けだし名言と思う。
 憲法前文を詫び状といい、歴史の反省を「自虐史観」と否定し、改憲と教育の国家統制を主張する安部氏。“
東京湾に大量破壊兵器をつんだ船がてきても、憲法9条があるから、手出しができない”という驚くべき無知、または国民を平気であざむく(海上保安庁が排除できる。憲法とは無関係な話)という、まったく美しくない虚言を弄する人物が、首相なろうとしている。来夏の国政選挙はもちろん、臨時国会にむけたとりくみのなかで、しっかり審判をくだしたい。
 

« コンブライアンス、リスク管理の危うさ | Main | 帯屋街商店街に複合施設?  »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 権力者のよく似た言葉:

» 『え!?』 ・・・共産党高知県委員会のサプライズ人事!? [コミュニスタ紅星の幡多荘草紙]
 共産党高知県委員会は14日、来年夏の参議院選挙高知選挙区の公認候補として、村上信夫さん(42歳)を擁立すると発表しました。  「10月3日に高知市で春名さんと中央の選対責任者の大幡さんを呼んで決起集会をやるのに、まだ高知... [Read More]

« コンブライアンス、リスク管理の危うさ | Main | 帯屋街商店街に複合施設?  »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ