My Photo

« 少女の死と「規制緩和」 | Main | レバノン攻撃中止を。「テロとのたたかい」を考える »

八百長騒動とスポンサーの責任

 ボクシングの亀田選手の「勝利」が「八百長ではないか」「国辱だ」と大きな話題となっている。試合を見てないので、それ自体はコメントできないが、以前から、あの言動は苦々しく思っていた。スポーツはケンカではない、ともに同じスポーツを愛する仲間、努力してきた仲間としての敬意がなくてはならない、というのは自明の話。その傍若無人なふるまいを、おもしろおかしく報道したのはメディアであり、それを「是」としたのはスポンサーの一流企業である。
 その前には、淫行事件で極楽なんとかの山本が捕まったが、彼の無軌道ぶりを、視聴率がとれると「是」としたのと同じ構造である。子どもにもっとも影響力があるというテレビで、「こんなことが許される」「こんなことが格好いいんだ」というメッセージを垂れ流しておいて、一方で、メディアや財界は、若者の無軌道ぶりを嘆く。ふざけるなといいたい。「偽装請負」という犯罪を行っていたキャノンの御手洗氏は、経団連会長就任で、こう語っていた・・・思いやりや公徳心を、私は「愛国心」と呼びたいと考えております。この愛国心があればこそ、他人の気持ちや痛みも理解することができ、他国を尊重する態度も生まれます。私は、真の愛国心は、偏狭な排外主義や軍国主義とは全く無縁なものであり、社会人、国際人の精神的よりどころとして、幼いときから育むべき重要なこころであると確信しております。
 と、この言葉自体はまちがいではない。だったら、経団連参加の企業は、人の欠点をあげつらい、弱い立場の者を笑い者にするような低俗なテレビ番組のスポンサーを降りるべきである。

« 少女の死と「規制緩和」 | Main | レバノン攻撃中止を。「テロとのたたかい」を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八百長騒動とスポンサーの責任:

« 少女の死と「規制緩和」 | Main | レバノン攻撃中止を。「テロとのたたかい」を考える »

June 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ