My Photo

« オシム氏の会見とメディアスクラム | Main | 少女の死と「規制緩和」 »

高知市・特定議員問題

 今週号の「高知民報」に詳しくのるが、公明党の岡部市議(副議長)が、宗安寺の市街化調整区域に倉庫を違法建築した問題がでする。うっかりだったら、反省してもらって、現状復帰して、で済んだかもしれない。しかし、確信犯、組織的違法行為であり、そこから、特定市民、業者に弱いという市政のゆがみの背景が見えてくる。
 この倉庫建設、昨年、市が注意し、いったん中断した工事だが、その後、地元の土木委員らの同意がえられないままに建設を推進。この5月、農地転用の申請をし、農業委員会が調査したときにはすでに建物が完成していた。違法行為の「追認」をもとめる正面突破である。市議が自ら違法、脱法行為を行ったことが問題となった。
 それだけではない、議会の委員会で、突如、議題と関係なく「地元の土木委員が一人反対していて、建設できない」と農業委員、土木委員を叱責する発言をしている。さらに、6月議会の本会議で、高木市議が、土木委員のあり方について質問している。議会質問の私物化ではないか。
 こんなことを「異常」と思わないのは、普段からの実態があるのだろう。そうした不当要求に職員が巻き込まれる。特定議員の機嫌をとっていれば、問題なくいく・・・執行部も、全会派に同様に情報を提供し、判断を仰ぐのではなく、様々な施策をする前に特定議員にお伺いをたてる。そういうこと特定市民、業者に対しての対応は同じである。たかが、倉庫建設であるが、根が深い。
 そういえば、保育園児の保育料、おやつ代をピンはねして、海外旅行や宴会(お金は、批判を浴びて返済した)をしていた公明党の議員もいたが、彼も、市の保育園の監査に立ち会い圧力をかけた。また、この問題で市民オンブズマンが資料請求したら、なぜか、その情報が当該議員に抜けて、資料請求者に電話がかかってきたことがあった。一大事とご忠信を示した職員がいたわけである。
 市執行部が、そうした前近代的な手法を断ち切らない限り、不当要求がまかりとおる土壌が再生産される。犠牲者は、市民と現場の職員である。「されど倉庫建設」なのである。
 

« オシム氏の会見とメディアスクラム | Main | 少女の死と「規制緩和」 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高知市・特定議員問題:

« オシム氏の会見とメディアスクラム | Main | 少女の死と「規制緩和」 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ