My Photo

« イラク派兵に760億円 | Main | オシム氏の会見とメディアスクラム »

天皇の発言と小泉発言

 昭和天皇言葉が波紋を広げている。A級戦犯の合祀に“不快感”をしめしたというもの。戦争の最高責任者として、真意はどこにあるか別にして、A級戦犯を裁いた東京裁判を否定し、“自存自衛”“アジア解放”の戦争というイデオロギーを国論にし、天皇に参拝させる計画をもつ「靖国派」には、その中核的な内容を天皇から否定されたことになる。そういえば、04年の園遊会の席上で、現・天皇が「日の丸・君が代」について、「やはり、強制になるということではないことが望ましい」旨を述べたことがある。これは日の丸君が代の異常な押しつけをすすめる 東京都の教育委員の米長邦雄氏が「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と述べたことへ反応したもの。歴史の皮肉というか、興味深い。
 さて、小泉氏だが、靖国参拝は「心の問題」と繰り返している。この言葉を聞くと、少し前に読んだセクハラ事件をあつかった「壊れる男達」(金子雅臣著・岩波新書)を思い出す。訴えられた本人は、なぜ訴えられたかまるでわかってない。「相手も理解している」とか自分のなかで勝手な理屈をつくっているのである。著者は、その行動の深刻さを「自らの崩壊から目をそむけ」「自らの閉塞感を埋め合わせようとするあまり、他人の犠牲を厭わない」と指摘しているのだが・・・ あまりにも情けない米国追随、属国扱いを唯々諾々と受け入れていることへの埋め合わせか?!
 

« イラク派兵に760億円 | Main | オシム氏の会見とメディアスクラム »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/11052641

Listed below are links to weblogs that reference 天皇の発言と小泉発言 :

« イラク派兵に760億円 | Main | オシム氏の会見とメディアスクラム »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ