My Photo

« 許すな共謀罪 法務省の詭弁 | Main | 非核証明・・・事前協議のウソ »

イージス艦入港と核密約

 宿毛港湾へのイージス艦入港にあたり、県は非核証明をもとめました。米海軍は、「外務省に問い合わせてくれ」、外務省は「事前協議がないので、核はもちこまれてない」というマニュアル通りの答え。ここには、核持ち込みに関する公然のウソが存在する。 
 日米の核密約は、1960年1月の安保改定に至る交渉を通じて交わされた。「討論記録」と題されたその密約全文を、米国の公文書の開示によって明らかになった資料にもとづき、2000年3月に不破哲三氏が国会で追及した。それは、安保条約6条で定めた「事前協議」について、米軍の軍用機の飛来や艦船の港湾への立ち入り(エントリー)をその対象としないということを取り決めたもの。
 1963年には大平外相とライシャワー駐日米大使との会談でそれを再確認。69年11月の沖縄施政権返還に伴う核持ち込みの密約も交わされている。日本に寄港や飛来するときだけに、いちいち核兵器をはずしているわけがない。こんな大うそを許していいのか、平和の問題でもあるが、民主主義、モラルの問題でもある。
 戦争をしている米国と九条をもつ日本は価値観が違う・・・ 本日の講演会で品川氏が強調していたが、軍事機密が優先する米国におもねることはない。きちんと「非核証明」を求めるべきである。ウソに加担するのは、核兵器の持ち込みを公言したうえで許す以上に罪が深い。

« 許すな共謀罪 法務省の詭弁 | Main | 非核証明・・・事前協議のウソ »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/10051711

Listed below are links to weblogs that reference イージス艦入港と核密約:

« 許すな共謀罪 法務省の詭弁 | Main | 非核証明・・・事前協議のウソ »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ