My Photo

« 「役人天国」と偽装「行革」 | Main | 共謀罪 戦争国家への道 »

労働相談の実状を聞く

20日午後から、高知労働局で、労働相談と男女雇用均等法の実情を聞いてきました。
労働局の個別紛争相談は、相談のワンストップサービスのような役割を果たし、明確な労基法違反は、監督署に。それ以外の民事にあたる部分で、相談や調停にのっているのですが、強制力はないということ、その調停などで不服の場合は、4月から始まった労働審判に(但し、有料)。また、均等室での話では、男女差別などで職場を訴えることは少なく、法を説明してもらったら、自分で事業主と話すという例がおおいとか。「訴えても不利益扱いしてはならない」と法の趣旨はなっていますが、なかなか人職場に居づらくなるようです。
 両方のもの話で、感じ、また担当者とも認識が一致したのは、事業主、労働者ともに法や権利がほとんど知られていないこと。進路の選択も含めて、中学段階からの職業教育が必要ではないかと思いました。現在は、監督署が、高校へ出前講座をしていますが、本格的に充実させることが必要です。
 また、労働局では、この6月から、ハローワークで市場化テストが行われるそうです。ちなみに、先行して、民間と共同で職業紹介している東京の実績が、18日、国会の私たちの仲間の質問で明らかになりました。
 以下、報道より…ハローワークと共同して職業紹介窓口を開いていたのは、職業紹介事業大手の「リクルート」です。共同窓口は2003年11月から今年3月末まで行われていました。「民間に任せれば、サービスがよくなり、成果も上がる」というキャッチフレーズの下、小泉内閣は「構造改革特区」を設け、職業紹介を民間にやらせようと、官と民を競わせました。 結果はハローワークに約15万5千人が来所し約4600人が就職したのに対し、リクルートはのべ来所者約5500人、就職件数60人にすぎませんでした。就職率はハローワークの21・2%に対し、リクルートは2・8%どまりとなっています。とのこと。―― 公のしっかりした規制、サポートがあってこそ、健全な市場経済が発展することを、今一度、考える必要があると思います。
 夜は、ニートホットカフェに参加するつもりでしたが、急用が入り断念。残念でした。

« 「役人天国」と偽装「行革」 | Main | 共謀罪 戦争国家への道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 労働相談の実状を聞く:

« 「役人天国」と偽装「行革」 | Main | 共謀罪 戦争国家への道 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ