My Photo

« 共謀罪 戦争国家への道 | Main | 米軍移転に7100億円 属国日本? »

岩国、沖縄 2つの審判

在日米軍の再編・強化について、住民の明確な意志が示されました。山口県岩国市長選は、 米空母艦載機部隊の移転受け入れ「反対」を訴える旧岩国市長、井原勝介さんが当選。また、沖縄市長選は、嘉手納基地の自衛隊との共同使用に反対している前衆院議員・東門美津子さんが当選。いずれも自民推薦(沖縄市は公明も推薦)の候補をやぶっての結果です。
 政府は「基地問題は国の専管事項」と言ってすますが、地方団体を国家行政に組み込み、戦争政策の手足にした戦前のやり方と同じです。憲法は1自治体にしか適用しないルールには、住民投票で決することをもとめており、このルールから言えば、個別具体的な各自治体での基地問題の再編・強化についての住民投票、首長選挙の結果を尊重しなくてはなりません。基地問題とともに、民主主義をめぐるたたかいでもあります。 

« 共謀罪 戦争国家への道 | Main | 米軍移転に7100億円 属国日本? »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 岩国、沖縄 2つの審判:

« 共謀罪 戦争国家への道 | Main | 米軍移転に7100億円 属国日本? »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ