My Photo

« 若者に血を流せという輩の正体 | Main | イラク戦争と日本の関わり »

外資の献金を緩和 自民党の「愛国心」

国の独立性を担保するため、政党・政治家への外国からの献金は禁止されています。その政治資金規正法を、自民党が緩和しようとしています。
 企業献金では、持ち株の50%が外資の企業は政治資金の規制の対象です。ところが、外国企業の株式保有が広がり、東証一部上場企業でも、キヤノン、オリックス、日産自動車まで「外資」となっています。今後、さらに「外資系」が増えることから「規制緩和」しようというものです。
 このままでは、資金源がなくなるということで、「外資系」の政治献金も「規制緩和」しようとするものです。外国から資金提供をうけ、スポンサーの要求に応えながら、「愛国心」を叫ぶ・・・ いまでもアメリカの「年次改革要望書」にそって「規制緩和」をすすめている自民党。いよいよどこの国の政党がわからなくなりますね。「愛国心」を声高に叫ぶのは、その本質を隠すカモフラージュでしかありません。

« 若者に血を流せという輩の正体 | Main | イラク戦争と日本の関わり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 外資の献金を緩和 自民党の「愛国心」:

« 若者に血を流せという輩の正体 | Main | イラク戦争と日本の関わり »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ