My Photo

« 県警捜査費 県議会2つの決議 | Main | 外資の献金を緩和 自民党の「愛国心」 »

若者に血を流せという輩の正体

弁護士法違反などの罪で公判中の西村真悟衆院議員(元民主党籍)が、議員辞職勧告決議の可決に対して、やめないことを公言した。西村氏は、教育基本法改悪の急先鋒で、若者に「お国のために血を流せ」と公言している人物。人には血を流せといながら、自分の犯罪については、目をそむけている。
 汚職・腐敗や利益第一で社会のモラル・若者の未来をこわしながら、その責任を「教師」や「若者自身}の責任に転嫁する政府の姿勢同じである。
 しかし、わかりやすくていい。こんな輩が、「教育の荒廃」をしたり顔で語っているのだから・・・。侵略戦争を直視ない姿勢、格差社会を直視しない姿勢。同じである。人としての誠実さの欠如である。

« 県警捜査費 県議会2つの決議 | Main | 外資の献金を緩和 自民党の「愛国心」 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 若者に血を流せという輩の正体:

« 県警捜査費 県議会2つの決議 | Main | 外資の献金を緩和 自民党の「愛国心」 »

July 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ