My Photo

« 平和憲法輝く年に | Main | ニート問題に心寄せて »

野球版WC開催の危機

 3月に米国などで行われる野球版ワールドカップ「ワールド・ベースボール・クラシック」」の開催がピンチとなった、と報じられています。原因は、国際野球連盟に加盟するキューバの参加をアメリカが拒否したことに端を発する。大会参加国に分担金が払われるのが、キューバ経済封鎖に方針に反するとの理由。
 しかし、 アメリカの経済封鎖はキューバの体制転換を公然と目的に掲げており、キューバの民族自決権を踏みにじる国際法違反の内政干渉です。政権が気にいらないかと言って、人口わずか1100万人の島国を40年以上にわたって封鎖し、貿易も交流もさせないし、経済交流した第三国にも制裁を加えるという傲慢な「政策」です。
 国際世論は明確にノーを突きつけています。昨年11月8日の国連総会は、キューバ経済封鎖をただちに解除するよう求める決議を182カ国の賛成で採択しました。反対は米国とイスラエル、マーシャル諸島、パラオの4カ国。しかも、14年も連続で採択されています。
 国際野球連盟のアルド・ノタリ会長は「同大会にキューバが参加できない場合、IBAFは加盟国に大会への不参加を命じるかもしれない」「政治や人種、宗教に基づく差別は受け入れられない」「五輪精神を尊重しない大会を認めることはできない」ときびしく批判したのも、こういう世界の声があるからです。
 しかも、キューバは、分担金をハリケーン被害救済に寄付するというのに・・・・。
キューバもハリケーン被害にあったる国。しかし、地域ごとの避難とかかりつけ医の存在で死者はゼロ、被災後の家具などの買い換えも政府の補助があり、わずかなお金で、生活が再建されている。
 キューバ参加問題は、超大国アメリカ外交の孤立、格差社会による自然災害への無策を、あらためて浮き彫りにしている。
 

« 平和憲法輝く年に | Main | ニート問題に心寄せて »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 野球版WC開催の危機:

« 平和憲法輝く年に | Main | ニート問題に心寄せて »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ