My Photo

« 国による安全偽装 | Main | 耐震偽造被害に「自己責任」? »

忍び寄るファシズムに抗議を

 立川ビラ配布事件の裁判で、東京高裁が、一審の無罪判決を破棄して罰金刑を言い渡しました。
 イラク派兵反対のビラの配布を、「住居侵入罪」とた判決は、この国の民主主義の危機をしめすものとなりました。
 憲法21条が保障する政治的表現活動は、民主主義社会の根幹を成すものです。他の商業用チラシは問題になっていないのに、時の権力に敗退する意見のチラシは「犯罪」とされた。もし不愉快であれば、注意してやめさせる、という程度のものにすぎません。それを、いきなり逮捕。3ヵ月半勾留しての「取り調べ」! そして有罪!
 最近、警察などによる言論・政治弾圧が相次いでいます。沖縄でも、基地再編に抗議した僧侶が逮捕されました。ドイツ(?)の例えに、蛙を熱湯に入れると飛び出るが、水から熱を加えると煮上がってしまうと・・・。「このくらい・・・・」という感覚、慣れと自覚的に向き合う必要がある。権力は、「慣れ」を計算にいれて仕掛けているのだから。
 

 

« 国による安全偽装 | Main | 耐震偽造被害に「自己責任」? »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/7555814

Listed below are links to weblogs that reference 忍び寄るファシズムに抗議を:

» 私たちの憲法を守りましょう。 [ 風に吹かれて]
あなたは、憲法と言うと面倒で難しいものだと考えていませんか。 今の生活の中では、遠い存在だと持っていませんか。 よく考えてみてください、私たちの生活の中の基盤になっていることを そして今、私たちを守ってくれる憲法が、不安定で危険な状態になっています。 平和を願う勤勉な日本国民には、無くてはならないこの平和憲法を 私たちは、真剣に考えなくては、いけないと思います。 憲法を変えて、戦争をできる国するのか、今の憲法で世界平和に�... [Read More]

» 法政大学事件:五十嵐氏の論調について [ペガサス・ブログ版]
(昨日の記事「こんどは法政大学で言論弾圧」の続きです.) 「五十嵐仁の転成仁語」の3月17日と19日の記事に,法政大学の事件が取り上げられています.その19日の記事には,矛盾とは言わないまでも不完全さが見られると思います. http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/home2.htm  五十嵐氏は,事実に関して,(中核派が)今回は暴力を振るったわけではなく,逮捕容疑となった『建造物侵入罪』と『威力業務妨害罪』は妥当しないと判断しています.また彼ら... [Read More]

» 法政大学事件,全員不起訴釈放 [ペガサス・ブログ版]
取り急ぎ,救援会のメールを転載します. _____________________ 3・14法大救援会より29名不起訴釈放の報告 Date : Sat, 25 Mar 2006 23:46:17 +0900 (JST) From : houdaikyuuenkai11 To : houdaikyuuenkai11 Subject : 3・14法大救援会より29名不起訴釈放の報告 ----------------------------------------------------------... [Read More]

« 国による安全偽装 | Main | 耐震偽造被害に「自己責任」? »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ