My Photo

« 国の為に血を流せ…の西村議員 | Main | 自民改憲草案を学ぶ講演会 »

メディア・リテラシー

 昨日、安田純平さんの講演会に参加しました。一味違ったというか、「報道されてないが、イラクはこんなに悲惨」というのがメインでなく、イラクに関する情報が、如何に選択され、本質でないことが、本質として描かれているから、受け取る側が、そう思って受けとらないといけないという、イラクを題材にした日本の政治へのメッセージでした。総選挙の郵政一本化問題、中東地域の親日観をこわす米国追従の話、共謀罪の話など・・・ 多岐にわたりました。 
 そのことに関連して・・・
 26日、座間で11000人が集まった米軍司令部移転阻止の大集会がありました。逗子市長からのメッセージの紹介され、原子力空母配置に反対する横須賀市民の会、韓国の青年の韓国での基地拡張反対運動の報告もありました。しかし、どれだけのメディアが報道したでしょうか? わが組織の志位和夫委員長が情勢報告したからでしょぅか。ほどんどが無視しています。
 九条の会の動きはほとんど報道しないが、改憲の動きは報道する・・・ これが日本のマスコミです。
 県議会、市議会に関しても、私たちか追及しても報道しないが、オンブズマンが申し入れをすると報道する・・・それの歪みが今回の特定業者問題であらわれました。特定業者はオンブズマンのメンバーでした。オンブズマンも利用され、マスコミもそれに乗っかったのです。
 「政党だから報道されない、敬遠された」という人がいますが、私たちは、基本的にボランティア組織です。政党助成金という税金も受け取っていませんし、企業や団体からの献金もぐるみ支援も受けていません。要求を実現しようとすれば、法や条例をつくる議会に人を送らないといけない(それが労働者の政党のはじまり)ということで、少人数で始まった運動です。
 至らなさも日々感じながら、また、組織化がすすむと官僚化が進むことも自戒しながらですが・・・ 「体制」「権力」とのたたかいというのは、マスコミの無視、「既成政党と市民運動」という表現などの分断策動など、多様な形態の攻撃とのたたかいを含んでいると感じています。それにしても、安田さんが提起したメディア・リテラシーというのは深い課題です。

« 国の為に血を流せ…の西村議員 | Main | 自民改憲草案を学ぶ講演会 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メディア・リテラシー:

» ご参加の皆様ありがとうございました [サロン金曜日 from 高知]
 11月26日「安田純平さん講演会」が高知市高新文化ホールで開催されました。220人の市民が参加され盛況でした。  私たちスッタッフは当日午前11時に近くの喫茶店に集合。事前打ち合わせを行い、軽い食事をして会場設営の準備に。松尾美絵代表は、その間安田純平....... [Read More]

« 国の為に血を流せ…の西村議員 | Main | 自民改憲草案を学ぶ講演会 »

December 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ