My Photo

« 内閣改造の陰で、障害者自立阻害法の強行 | Main | 米軍基地再編強化 問われる日本の進路 »

市長は、どこまで歪みに迫れるか

 4日、不適切発注特別委員会に、執行部が行ってきたヒアリングの結果が報告されました。特定業者の行為を「不当要求」を認定する結論には、異論はありませんが、ヒアリングの内容は羅列的で、また、なぜ、「大きな声」を許したのかという、肝心の自己分析はありません。
 その最大の原因は、調査の責任者が、特定業者との関係をもっとも疑われている人物だからです。「電話一本で現場に急行した」「特定業者がいう人事になっている(部長クラスには人事権はありません)」「管轄外の部長が言ったことが、3つの部署を経由して、1日のうちに、再調査、入札の変更など機敏に対応したのは、その上の指示でしかありえない」という、根幹部分には、切り込んでいません。
 また、「現場が圧力を感じてない」という記述も注目に値します。それは、もっと上のレベルで、決着していたからでしょう。 特別委員会には、特定業者にも、また、その「被害」を受けたという別の業者も、意見を述べてもらおうと、仲間の市議と相談しています。関係する議員もいるので「抵抗」もあるでしょうが、徹底してやらないと、まじめに頑張ってる職員が気の毒です。
 この問題に、どこまで迫り、抜本的な手をうつか、現場に責任をかぶせずシップ級の責任に絞り込めるか。市政の危機でもあり、一方で、松尾市政に築かれた歪みにメスを入れ、市民と職員の信頼を回復するチャンスとするか、市長の器が問われています。
 

« 内閣改造の陰で、障害者自立阻害法の強行 | Main | 米軍基地再編強化 問われる日本の進路 »

高知市政」カテゴリの記事

Comments

昨日、高知市林務課の課長から電話が有りました。
高知市の林政について市長へのメールから、来期は前向きに・・・、との事でした。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/6912429

Listed below are links to weblogs that reference 市長は、どこまで歪みに迫れるか:

» 物部村神池クロタキ3917 [西やんのNPO奮闘記]
行ってきました2連チャン間伐! 今期のフィールドは、物部村神池クロタキ3917で [Read More]

« 内閣改造の陰で、障害者自立阻害法の強行 | Main | 米軍基地再編強化 問われる日本の進路 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ