My Photo

« 自立(律)めざす自治体の探求 | Main | 駅前・複合施設 »

牛肉輸入 架空の前提 

24日のプリオン専門調査会で、米国の牛肉輸入再会に異論が続出した(マスコミは、おおむね合意したかのように報道している)。だいたい、この調査は「危険部位の除去」「生後20ヶ月以下」という架空の前提を完全実施した場合、日米のリスクの差が「同等かどうか」という政府の諮問を受けて行っています。アメリカには個体識別のシステムもなく外見で見て判断するとか、危険部位除去も企業まかせで、日本から行って査察するような体制もないという根本問題を避けたうえでの調査です。
 架空の前提ではなく、実際が問題ではないでしょうか。アメリカでも日本と同等の方法で管理して輸出したいという声がありますが、アメリカ政府が「規制」し、輸出を認めていません。そこから考えると、日本を屈服させ、安全や環境に配慮した一次産品の輸入ルールづくりにつながらないようにするのが目的であり、市場原理か、安全・環境という人権保障かのたたかいの1つであるのではないでしょうか。
 

« 自立(律)めざす自治体の探求 | Main | 駅前・複合施設 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 牛肉輸入 架空の前提 :

» 横内正・堀越陽子離婚危機:若貴騒動再来?/米国牛肉輸入再開間近? [メフィスト賞受賞者津村巧のテレビ・世相日記]
↑拙作です↑1. 横内正・堀越陽子離婚危機:若貴騒動再来?日刊スポーツから:格さん浮気か…横内正離婚危機 テレビ時代劇「水戸黄門」の初代格さんで知られる俳優横内正(64)が、24年間連れ添った元女優の妻堀越陽子さん(54)と別居していることが21日、分かった。 ...... [Read More]

» 狂鹿病問題:鹿ハンターからヤコブ病26名発生 そして鹿肉骨粉や油脂・エキスの行方は? [BSE&食と感染症 つぶやきブログ]
■狂鹿病問題:鹿ハンターからヤコブ病26名発生 狂鹿病に感染した鹿の写真 http://www.cwd-info.org/index.php/fuseaction/resources.photos 10月24日の食品安全委員会で、北本哲之委員がこう発言しました。 「北米ではCWD(狂鹿病)が大発生、大・大問題となっていて、 WHOが、鹿ハンターから20名のヤコブ病が出ていることを気にしている」 え?そんな話知らなか... [Read More]

« 自立(律)めざす自治体の探求 | Main | 駅前・複合施設 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ