My Photo

« 災害の階層性 | Main | 外交のゆきづまりと「北方領土」 »

「べからず」法の公選法

今の選挙法は、電話や個々面接で訴える以外、市民ができることはほとんどない。自分の考えを、ネットは新しい分野ですが、チラシにして配ることも(第三種の機関誌を持っているところは、号外として、選挙に直接関係ない政策を述べることは、報道記事形式で、一定の条件のもと可)、たとえばハンドマイクなどで辻説法することも禁止されている。個別訪問をして訴えることも禁止されている。衆議院選挙の法定ビラも、全戸に配布できていたものが、新聞折り込み(折り込み料金がいる!)か、候補者カーのまわりなどでしか配布できなくなった。金はかかるが、新聞広告、テレビCMは自由度が高い。-- つまり、金のあるところは、発言の場を持て、金のないところは、発言の機会が奪われる方向で、また、マスコミの一方的な「争点」報道などについて、別の情報を提示でする手だてを奪う形で、一貫して選挙法は変えられてきた。そういうことも、ぜひ知っていただきたい。
 この流れの中で、ネット(文書宣伝に準じた規制がかかっている。)での選挙活動問題がある。市民の選挙活動への参加という視点から、全体をよい方向に見直す契機になればいいと思うが。選挙だからこそ、本来、自由に発言、発信できるようにすべきである。

« 災害の階層性 | Main | 外交のゆきづまりと「北方領土」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「べからず」法の公選法:

« 災害の階層性 | Main | 外交のゆきづまりと「北方領土」 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ