My Photo

« アレルギー用ケーキ | Main | 暗殺を黙認する国 »

公的関与の産廃施設

 明日から、県議会高知市議会も質問戦です。日高村の産廃施設が1つの焦点です。当初の発案から10年余。私たちは当初より立地の問題で反対してきましたが、リサイクルの情勢の劇的な変化もうけ、「本当に必要な施設か」という点で、一旦決めた計画を凍結・白紙撤回にできる情勢になってきました。
 見直した計画も48億円、村への振興策が61億円、さらに日高の蛇紋岩(製鉄に必要な補助材、高知のものは品質がよく、全国の8割を占めているらしい)の採掘権の補償の問題が追加されます。本来は、排出者責任で行う産廃施設。それが「公的関与」がいわれだしたのは、財界が、負担を自治体に押しつけるために編み出した言葉です。政府は、「疑わしき」に強制立ち入り調査をする権限は、自治体に認めていません。その一方で、安心できる施設が必要だから「゛公的関与」が必要といいだしたのです。一般廃棄物の焼却場でも、産廃処理ができるようにし、補助金の返還も求めないようにしました。「公的関与」というば、聞こえはいいが、財界が、産廃処理も、国、自治体でというほどの意味しかありません。そのいう国の流れに一石を投じるためにも、9月議会は正念場です。
 

« アレルギー用ケーキ | Main | 暗殺を黙認する国 »

高知県政」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 公的関与の産廃施設:

« アレルギー用ケーキ | Main | 暗殺を黙認する国 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ