My Photo

« ビール党 | Main | 歴史に向き合う日 »

あす、日本軍国主義敗戦日

8月15日は、日本軍国主義の敗戦日である。歴史に「もしも・・」はないが、2月に敗戦を決める機会があった。
45年2月14日 近衛文麿が、天皇に「敗戦は遺憾ながら最早必死なりと存じ候」「敗戦は我が国体の瑕きんたるべきも、英米の与論は今までのところ、国体の変更とまでは進みおらず、随って、敗戦だけならば、国体上さまで憂うる要なしと存じ候。」と上奏している。この上奏に対し天皇は、「もう一度戦果を挙げてからでないとなかなか話は難しいと思う」と拒否をしている。 
 天皇は、軍事的知識を持ち、15年戦争の間、一貫して全局を掌握する位置にいたただ一人の人物である。首相、陸海軍の責任者は次々と交代した。しかも、それら大臣は直接天皇に責任を負う立場で、横の連絡は希薄だった。たとえば、真珠湾攻撃のために11月に艦隊が出発したが、東条首相は知らされてなかった。直前になり、「非公式」に伝えられただけである。他の閣僚は、国民と同じにニュースで知った。2月の「敗戦うけいれ」拒否以降、天皇は、どのくらいの兵力が残っているか、「ご下問」し、もはや「もう一度戦果を挙げる」だけの戦力がないことを、掌握していた。そういう間に、沖縄戦、本土空襲、広島・長崎、ソ連参戦と続く・・・多大な犠牲がはらわれる。
 8月10日の御前会議でポツダム宣言受諾を決定するが、「国体護持」条件が条件であり、「天皇の国家統治の大権を変更することがない」という条件をつけて連合国側に回答している。2月の上奏拒否からはじまり、天皇の意識は「国体がどうなるか」でありつづけた。8月12日。連合国側から回答。「天皇及び日本国政府の国家統治の権限は、連合国最高司令官の制限の下に置かるる(従属)ものとす」。何らかの形で天皇制が残るという感触をうけ、敗戦をうけいれる。(本土決戦の戦力はなく、その場合は、国体は崩壊するとの判断もあった。近衛は、天皇の権力の返上で「難局」をのりきり、天皇家を残すことも提案している。)
 その「見通し」があたったことは、アメリカが統治のために、天皇を利用することを考え、東京裁判で「政治的理由」から、天皇の責任は追及されなかったことで裏付けられている。つねに天皇に忠実でありつづけた東条首相(天皇の判断を仰ぐ、「内奏」というものがあるが、気に入らないと返事がこないため、受け入れられるように提案内容を変えていく。「東条の内奏ずき」と言われていた)は、東京裁判で、「天皇の意志に逆らったことはない」という忠僕ゆえの証言をし、アメリカをあわてさせた。「天皇に責任がおよぶ」と説得され、証言を変更。軍部の暴走と描き出されることとなった。
 東京裁判は、侵略戦争を断罪するという点で歴史的な意義を持っている。ただし、侵略戦争の最高責任者が免罪されたこと、アメリカの人口密集地への無差別爆撃、原爆使用などホロコーストが不問にふされたことに大きな欠陥がある。その後の、戦犯の公職復帰からなる、戦前の歴史の継続、今の右傾化の流れをつくったこと、アメリカの核兵器を含む先制攻撃戦略、イラク戦争、ファルージャの「掃討作戦」など極端な軍事優先に連綿とつらなっているからである。
 「終戦日」という表現は、歴史に真摯にむきあった表現でなく、使いたくない表現の1つである。
  

« ビール党 | Main | 歴史に向き合う日 »

平和・憲法問題」カテゴリの記事

Comments

軍国主義は官僚主義として生き残った。
そして、経済敗戦・・・・。
トラバさせていただきます。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あす、日本軍国主義敗戦日:

» たかじん委員会3:東京裁判は不当か否か? [外交のファンタジスタ]
 終戦記念日前日ともなれば、それに相応しい議論が用意されるのはごく自然のことだが、極東軍事裁判(東京裁判)は、敗戦国の悲劇的な側面を見事に映し出している。歴史は勝者の記録である。平和に対する罪という事後法が適用された不当な裁判であるにせよ、それが敗戦の辛..... [Read More]

» 日帝ミステリー [ピースファクトリー:高知]
戦後60年がたちました。中国や韓国・北朝鮮の妄言を、皮肉にまとめた文章がネットに出回っていますので、紹介したいと思います。兵士1人が日本刀1本で100人以上斬り殺せるほどの戦闘能力と有り余る予備の日本刀を持ち、銃剣と単発銃のみで80万人以上殺すなど、原爆以上の破壊... [Read More]

» 郵政の後ろに戦争の影が見える [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 今日は敗戦60年記念日。日本が世界中を相手に戦争をし敗れ、国土を焦土にし、多数 [Read More]

» 今日は一日、終戦記念日の市内キャンペーン~戦争問題の本質を伝えたい [和光市議会議員(36歳、最年少) 松本たけひろの今日の雑感(和光市ネタ始めました)]
(間違えて一部消してしまった状態で公表していました。修正いたしましたのでよろしくお願いいたします。) 今日は市内各所で街頭キャンペーンを行いました。 といっても、一人でクルマに看板とマイクを載せてのゲリラ街頭演説でした。 聞いてくださった人がいたのか、よく... [Read More]

« ビール党 | Main | 歴史に向き合う日 »

October 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ