My Photo

« 税金に依存する政党 | Main | 9.11 »

二大政党制

 二大政党の「模範」とされるイギリスで、二大政党がともにイラク戦争賛成であることから、反戦の立場をとる第三党の自由民主党がじわじわと支持をひろげている。5月の総選挙では、22%の得票率で62議席を獲得し、8議席前進した。 南米のベネズエラでは、親米の二大政党をうちやぶり、アメリカの多国籍企業の横暴を規制しようという左翼政権が誕生した。二大政党が、決して世界の趨勢ではない。
 似たような政策、強い立場のための政策・・・ 不毛の選択で、低所得者層が投票率が極端に悪くなる。アメリカでは数パーセントという調査結果がある。 政治支配は簡単になり、不満には治安国家で対応する階層社会が誕生する。
 日本でも二大政党の違いは「三越と高島屋の違い」程度と当事者(民主代表)が語っているが、そういう不毛の選択ではなく、 「憲法九条を守り生かすか」「弱肉強食の市場万能論ではなく、人権・環境を軸にした社会へ」など、本質的なことが問われないといけないと思う。そのために、がんばります。 
 

« 税金に依存する政党 | Main | 9.11 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

昨日、床屋に行きました。
選挙の話しになり、今回は共産党に入れてみると言う意見が複数でした。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二大政党制:

» 拉致事件の責任は憲法九条にあり−スパイ防止法が国民を護る! [涼風庵(人権擁護法=言論弾圧法」反対!!)]
北朝鮮工作員の指揮下で働いていたのが、朝鮮総連の非合法活動セクションであった。 彼らは工作員の送迎、日本国内の情報提供など、その手足となって働いていた。 金親子への忠誠を誓っていた在日たちは、疑うことなく総連の指示を実行した。 また総連は野中広務、加藤弘一、..... [Read More]

» 総選挙、終わってみれば庶民大増税と憲法改定? [花のニッパチ、心のままに]
 自民党に愛想を尽かして、民主党に期待を寄せている人が多いそうだ。愛想をつかした人にも、そうでない人にも、また民主党に期待している人にも、この間を冷静に振り返ってみることを薦めたい。  「日本のこれからがかかっている」などと大上段に構えて言うつもりはない。一庶民として、一父親として、子どもたちの、また家族の、平穏な明日の暮らしにとって、この選挙は一体どういう意味を持っているのか。それを問いたい。 ■国民を愚弄する政党・政治家  自民党も、民主党も、「官から民へ」と言っている。「財政... [Read More]

« 税金に依存する政党 | Main | 9.11 »

May 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ