My Photo

« 建築Gメン | Main | やみ融資判決と県民の覚悟 »

「静かな時限爆弾」

アスベスによる被害で、350人以上も死亡していたことが明らかになり、不安が広がってます。一連の経過を見ると、HIVの原因となった血液製剤、またJR西日本の事故の時もそうですが、危険がわかっていても、「人命」より、「効率」「利益」優先してきたゆがみがはっきり見えてきます。
・アスペスト 語源はギリシャ語で、「永久不滅」「消えない炎」の意味。エジプトのミイラの布にも使われていた。
・建材が用途の9割を占める。70~80年代毎年約30万トン輸入。最近も毎年数万トンを輸入。
・石綿の粉じんを吸入で発症する中皮腫の潜伏期間は、平均40年前後。「静かな時限爆弾」とも呼ばれる。
・中皮腫による死亡者の予測 今後40年間で10万人にのぼると言われている
・石綿を原因とする労災補償  中皮腫による死亡者 95年以降6千人強。認定 わずか284人。
・石綿を吹き付けた建物解体のピーク  2020~40年頃 これからがさらにおおおごとに。
・対策の遅れ 30年代、石綿によるじん肺は職業病の代表として認知されていた。50年代、がんの発症との関係もはっきりしていましたが・・・
石綿の吹き付け作業の原則禁止  1975年
石綿の切断作業時の呼吸用の防護具、保護衣の使用義務付け      95年
使用禁止  毒性が強い青石綿、茶石綿の製造・輸入禁止         95年
        白石綿を使った建材などの製造禁止(全面禁止ではない)  04年
 ドイツは93年、フランス96年に原則禁止。対策を遅らせてきた政府、企業の責任は大です。製品回収もされてませんし、また、実際の解体現場で安全義務が守られているか、極めてあやしい。

 「人命」「環境」を第一にした政策への根本的な転換がもとめられています。 
 

« 建築Gメン | Main | やみ融資判決と県民の覚悟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93067/4950513

Listed below are links to weblogs that reference 「静かな時限爆弾」:

» アスベスト公害の悲劇 [さびのある話]
 管理人は以前は「と言いましても遠い若かりし頃)ですが、神東塗料というペイントメーカーに勤務していました。半年は尼崎市の本社(あの福知山線の近くの)で研修、東京支店の建築塗料営業部へ配属になりました。  壁面材に塗料を塗装する仕事でした。当時も防火材料... [Read More]

« 建築Gメン | Main | やみ融資判決と県民の覚悟 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ